【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

鋼の錬金術師に登場するニーナ・タッカーはショウ・タッカーの娘で、作中は短い登場ながらもエルリック兄弟の心にずっと留まるある事件の中心人物でもあります。

いつも笑顔でペットのアレキサンダーと一緒に遊んでいる無垢な少女です。

この記事ではニーナ・タッカーの作中での活躍や名言、名シーンを解説していきます。

ニーナ・タッカーの基本情報

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

ニーナ・タッカーは綴命の錬金術師の名を持つ父ショウ・タッカーを父親に持ち、いつも研究に没頭する父に対し、寂しさを感じますが、ペットのアレキサンダーと一緒にいることで、寂しさを紛らわします。

父親に心配かけさせまいといつも笑顔でいる無垢な少女ですが、最終的には父親によりキメラに錬成されてしまいます。

最後まで父親を信じていたニーナのこの一件はエルリック兄弟にとってはずっと記憶に残り、無力を感じ、今後自分達がどうしていくかを考えるきっかけともなりました。

ニーナ・タッカーの見た目と性格

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

見た目は三つ編みおさげで、いつも笑顔で純粋な少女です。

研究に忙しい父親にかまってもらえないことに寂しさを感じても言葉に出さず、寂しさをペットの大型犬アレキサンダーと一緒にいることで明るく振る舞います。

ニーナの遊び相手

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

エルリック兄弟は生体錬成の研究をしているショウ・タッカーの家を訪れます。

エドワードはずっと本を読んでいましたが、アルフォンスはニーナとアレキサンダーと一緒に遊んでいました。

それに対しエドワードも最初は乗る気ではなかったのですが、いつの間にか遊んでいます。

いつもアレキサンダーしか遊び相手がいなかったニーナですが、この時はエルリック兄弟と楽しく遊べていました。

キメラと化したニーナとアレキサンダー

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

エルリック兄弟はまた本を読ませてもらいにショウ・タッカーの家に訪れると、人語を理解するキメラを錬成したと言われます。

驚きと興味深さでそのキメラを見ますが、キメラの発した言葉といつもいるニーナとアレキサンダーがいないことで、そのキメラがニーナとアレキサンダーだと分かります。

査定日が近づき、結果を残せていないショウ・タッカーは2年前同様家族をキメラとして錬成したのでした。

最期まで父親に寄り添うニーナ

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

ニーナとアレキサンダーを使ってキメラを錬成したと分かり、エドワードはショウ・タッカーを殴り続けます。

その時もニーナは父親に寄り添い、また軍に連行されるまでも父親と共にいます。

国家錬金術師殺しのスカーによりニーナの前でショウ・タッカーは殺されます。

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

知能が低くなり、記憶も完全でないながらも父親の死に反応し涙を流します。

最期スカーの手により、元に戻す方法がないとして哀れに思われ殺されてしまいます。

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

いつも研究し頑張り続けたことを見てきたからこそ、優しく接してくれていた父親を最後まで信じていたからこそ、恨み言葉を言うこともなく側に居続けたニーナでした。

ニーナ・タッカーの声優はこおろぎさとみさんと諸星すみれさん

2003年版のアニメではこおろぎさとみさん、2009年版のアニメでは諸星すみれさんがニーナ役をされています。

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

こおろぎさとみさんは、クレヨンしんちゃんの野原ひまわり役やおじゃる丸のカズマのママ役など、赤ちゃんや幼い子供など可愛らしいキャラクターから大人の声まで担当される方です。

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

諸星すみれさんは、当時9歳という年齢で現役少女としてニーナの声を担当されました。

他にはリロ&スティッチのリロ、約束のエバーランドのエマ役などとても活躍されている声優さんです。

ニーナ・タッカーの名言・名シーン

ここではニーナ・タッカーの作中での名言・名シーンについて解説していきます。

名言①:「あそぼうよ」

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

父親によりキメラに錬成されたニーナはアルフォンスにいつものように遊ぼうと声を発し続けます。

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

キメラになり知能は低くなっても、楽しかった記憶や大切な思い出はそのまま残っているようです。

またキメラになってしまったニーナに対し何もできないというアルフォンスの悲しく、無力さを静かに感じさせる場面でもあります。

名言②:「ちっぽけな人間だ……!」

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

アルフォンスもニーナに対し何もできないと感じ、兄エドワードも同じようにニーナに対し何もできなかったことを悔しく思います。

たとえ国家錬金術師だとしても、1人の女の子を救うことができない、無力さと悔しさを感じます。

エルリック兄弟はこのことをずっと覚えてます。

父を想い続けキメラと化した少女

【鋼の錬金術師】ニーナ・タッカーとは?アレクサンダーとその最期

『鋼の錬金術師』(C)荒川弘/スクウェア・エニックス

ニーナはいつも忙しい父親に寂しさを見せないように笑顔でいる無垢な少女でしたが、作中短い登場ながらもエルリック兄弟の心にずっと残る存在となってます。

エルリック兄弟に錬金術とは何か、自分に何ができるのかなど考えさせ、また約束の日が終わった後、それぞれの道について考える時、とても影響を与えた人物です。