【名探偵コナン】阿笠定子の正体は?黒幕説や阿笠博士との関係も徹底解説

名探偵コナンに登場する「阿笠定子」という人物はご存じでしょうか。実はこの人物、コナンの最強の味方といってもいい阿笠博士の叔母に当たる人物なのです。今回は、その阿笠定子について紹介していきたいと思います。

阿笠定子の基本情報

【名探偵コナン】阿笠定子の正体は?黒幕説や阿笠博士との関係も徹底解説

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

名前 阿笠定子
年齢 享受76歳
性別
家族 阿笠栗介(弟)
阿笠博士(甥)
職業 小学校の先生
声優 なし

阿笠定子の特徴

享受76歳で亡くなっており、現在の写真はないですが、美人な方であったことは想像がつきます。

また、人間嫌いの阿笠栗介が唯一受け入れた人物であるため、人間としても素晴らしかったのでしょう。

阿笠定子の性格

阿笠博士の叔母ということもあり、とてもやさしい方であったことは想像がつきます。また小学校の先生であったため、子供好きなのではないでしょうか

セリフ出演がないため、どのように話すかわからないですが、優しい方だったのではないでしょうか。

阿笠定子の登場回

阿笠定子はセリフの出演はしていないため、声優がいません。また登場回も1話のみとなっています。

アニメ 163話 月と星と太陽の秘密(前編)

阿笠定子黒幕説について

すでに亡くなっているはずの阿笠定子に黒幕説が挙がりました。

これはおそらく作者が、阿笠博士黒幕説を否定したため出てきたものであると考えられます。

阿笠定子は阿笠博士によって、この世にいないことが語られています。仮に定子が黒幕となったら、死んだはずの人間が生きていたとなってしまうためあり得ません。

また、作者によって黒幕の正体は「烏丸蓮耶」であることが語られていますので、この噂はガセだったでしょう。

阿笠定子は素晴らしい人物だった!

阿笠博士の叔母であり、阿笠栗介の妹である阿笠定子は、小学校の先生でしたが、前に他界し、享受76歳でした。死者がよみがえることは、ほとんどあり得ないため今後は出演しないと思われます。

コナンの映画が今だけ見放題!?

\ 今だけ期間限定!16作品が見放題!/

※無料期間内に解約すれば料金はかかりません