【名探偵コナン】伊織無我の登場会や正体は?声優や名言も紹介!

2017年に公開された、名探偵コナンの劇場版である『から紅の恋歌』で登場する伊織無我。

『から紅の恋歌』でキーパーソンとなる『大岡紅葉』に、側近として、常に大岡紅葉の傍らに控える人物です。大岡紅葉と同じく、テレビアニメに先行して劇場版で初登場となりました。

最初に本作で登場したキャラクターが、アニメに先行して、劇場版に正式に登場するのは、大岡紅葉と伊織無我が初、となりました。さらに伊織無我は、初登場のエピソードが単行本化されておらず、単行本の登場よりも先に、アニメに登場しました。

未だ謎が多い伊織無我について、知らない人も多いのではないでしょうか。今回はそんな伊織無我について詳しく紹介していきます。

伊織無我の基本情報

【名探偵コナン】伊織無我の登場会や正体は?声優や名言も紹介!

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

別名 和田信一(わだ しんいち)
性別
年齢 30歳
職業・所属 大岡家の執事
声優 小野大輔

伊織無我とは何者なのか?

伊織無我とは、大岡家の執事です。大岡紅葉の側近であり、彼女の傍らに常に控えています。主に忠実であり、紅葉のためならば労力をいとわない一面も作中から見て取れます。

伊織無我の別名は和田信一

伊織無我が初登場した『喫茶ポアロ殺人事件』にて、喫茶店ポアロに居たコナン、服部、安室に気配を全く感じさせずに近づきます。
その際に、コナンたちに告げた自分の名前が、『和田信一』でした。職業は『医療関係者』

これは偽名であり職業も嘘です。本名は伊織無我で、本当の職業は、大岡家の執事です。

彼がなぜ現れたのかというと、大岡紅葉と服部平次が結婚しても問題ないかどうかの調査のために、という背景があります。

和田信一という名前は、シャーロック・ホームズが和訳された当初、ジョン・H・ワトスンの日本人名が『和田信一』だったため、そこから名前を取ったようです。

伊織無我の名前の由来とは?

伊織無我という名前は、ドラマ『大岡越前』に登場する榊原伊織(さかきばらいおり)と、その役を演じた俳優の竹脇無我(たけわきむが)さんから、それぞれ苗字と名前を取ってつけられました。

名探偵コナンに登場するキャラクターの一部が、時代劇テレビドラマから名前をつけられている事もしばしばあるようです。作者の青山剛昌さんは時代劇が好きなのでしょうか。

伊織無我の外見

伊織無我の普段の外見は、切れ長で少しつり上がった目に、ウェーブのかかった黒髪をしています。ポアロに訪れた際は、帽子とメガネ、マフラーを着用していました。

外国人であるジョディやベルモット、ハーフの赤井と同じような目をしています。ちなみに、このような目の描き方や、紅茶を飲んでいたシーンから、イギリスはパトラー(執事)で有名なので、これらが伏線かも、という考えもあるようです。ちなみに愛車はロールスロイス。これもイギリスが起源です。

伊織無我の性格

初登場でわざわざ米花町に変装をしてまで服部平次の調査をしに来たことや、その気配を感じさせずにコナンたちの会話に介入し、その後も彼らに気づかれる事なく現場から立ち去るなど、鋭い行動を見せました。

身体能力も高く、大岡紅葉を守るボディーガード的存在でもあるため、ただの執事ではないと思わせるような、切れ者的描写があります。

また、電話で大岡紅葉に服部平次の調査報告をしているシーンでは、「少々気になる娘がいるようですが・・・」と発言したり、的確なアドバイスをする事から、洞察力などにもすぐれており、とても優秀である事がうかがえます。

伊織無我の担当声優は誰?

伊織無我の声優を担当するのは、人気声優の小野大輔さんです。初登場で彼の声を聞いた人は、ただのモブキャラでないことに気づいたたかもしれません。その正体が大岡家の執事という事を知ったときは「やっぱり」と思ったのではないでしょうか。

小野Dの愛称で広く親しまれている小野大輔さんといえば、今をときめく人気声優の一人ですが、元々はラジオ作家志望でした。大学ではテレビ番組制作を学んでいましたが、ディレクションがうまく行かず、その後ラジオ番組制作に転向されています。ラジオドラマの製作中に、スタッフ不足で出演者側に回ったことが、声優を目指すきっかけとなったようです。

2008年に第2回声優アワードサブキャラクター男優賞、2010年に第4回声優アワード主演男優賞、2011年にはアニメージュ第33回アニメグランプリ声優部門でグランプリを受賞するなど、数々の賞を受賞されています。2016年からは、マウスプロモーションを退所し、フリーで活躍されています。

小野大輔さんが演じた主要キャラクターには、『黒執事』セバスチャン・ミカエリスや、『デュラララ!!』平和島静雄、『宇宙戦艦ヤマト』古代進、『おそ松さん』松野十四郎、『進撃の巨人』エルヴィン・スミス、などがあります。

伊織無我の印象に残る名シーンなどを紹介!

伊織無我の名シーンや名言について解説します。

伊織無我が初登場で見せる怪しい雰囲気

【名探偵コナン】伊織無我の登場会や正体は?声優や名言も紹介!

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

初登場となったこのシーン。コナンたちに気づかれない気配の消し方。初登場にして“ただ者ではない”感じが出ています。

執事として大岡紅葉に忠誠心を見せる
【名探偵コナン】伊織無我の登場会や正体は?声優や名言も紹介!

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

「死力を尽くしてお支えする所存でございます!」

このセリフから、わざわざ大岡紅葉のために服部平次の調査で東京へと来ている彼の忠誠心がうかがえる場面ですね!

伊織無我についてまとめ

伊織無我は大岡家の執事で、大岡紅葉の側近兼ボディーガードということがわかりましたね。原作でも伊織無我の情報があまり出ていないので未だに謎の多い人物だという事もわかりました。

他のキャラクターと違って登場回数が少ないため、読者や視聴者の心にガツンと響く、これ!といった名シーンや決め台詞は少ないものの、初登場時の怪しい雰囲気や執事としての主への忠誠心が印象に残るキャラクターです。

本作でも常に大岡紅葉の傍らに控えているため、大岡紅葉が登場する回にはセットで出てくることでしょう。小野大輔さんが声を当てている事もあり、ファンも多いのではないでしょうか。伊織無我が作中に出てくる事を心待ちにしましょう!