【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

「ハイキュー!!」にて稲荷崎高校のセッターを務める宮侑とは、一体どんな人物なのでしょうか?

アニメではまだ少ししか登場していないため、宮侑のことをよく知らない方も多いと思いますが、改めて宮侑の性格や技術について、名台詞や名シーンまでご紹介したいと思います。

宮侑の基本情報

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

宮侑の性格

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

宮侑の性格はプライドが高くストイックで尚且つ負けず嫌いです。これだけ聞くと何だか嫌な印象になるかもしれませんが、日向翔陽影山飛雄の変人速攻を見てかっこいいと目を輝かせる場面もあり、好奇心旺盛でかっこいい面白そうと思ったことはすぐ試したくなるといったような、お茶目な一面もあります。

双子の宮治より性格は明るいですが、その分バレーが下手な選手への暴言が目立つところもあります。誰より負けず嫌いでストイックにやってきた宮侑は、自分のセットアップについてこれない選手をあまり好まないようです。

宮侑のポジション

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

宮侑のポジションはセッターです。小学校の時からセッターは1番上手い人がやるクールなポジションという認識があり、ふとセッターの人が言った「打たしたる」という言葉に魅了され、それからセッターをやることに誇りを持っているようです。負けず嫌い故に誰よりも努力し、影山飛雄も行った全日本ユース強化合宿のメンバーに選ばれています。

宮侑のセットアップはスパイカーが上手くなったと錯覚するセットアップです。宮侑本人も自分のトスで打てない選手はポンコツとまで言っているほど自信があるのでしょう。現にあの影山飛雄も合宿で宮侑のトスでスパイクを打った際に、打ちやすいと感じていました。宮侑は今では高校No.1セッターと言われています。

宮侑と宮治

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

宮侑には双子の宮治が同じチームにいます。バレーを始めた時期は多分同じで、どちらかというと宮治の方が一枚上手で「治に挑む侑」がよくある光景だったそうです。宮兄弟は、お互いがお互いを自然と高め合う存在で、どんなに上手くなってもお互いがお互いに絶対についてきてしまうのです。2人共負けず嫌いなので、そのおかげで技術を高めていけたのでしょう。

全日本ユース合宿に選ばれたのは宮侑だけでしたが、それについて宮治は「侑の方が俺より少しだけバレーボールを愛してる」といったことを宮侑に言っていました。

宮侑のサーブ

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

宮侑のサーブがかっこいいと読者の中で話題になっているようです。それは、試合中大体の選手のサーブの時には応援の歓声や掛け声が耳に入ってくるものですが、宮侑はサーブの際に騒がしいのを嫌います。賑やかだった応援も宮侑の合図と共に一気に静かになります。このようなことは稲荷崎高校との試合までには無かった光景です。

あとは、宮侑のサーブは強烈なスパイクサーブとジャンプフローターの2種類を使い分けています。過去にベストサーバーを獲ったことがことがあるほどの技術の高さです。宮侑のサーブには、烏野高校の西谷夕も苦戦していました。

宮侑の声優

宮侑の声は、宮野真守さんです。劇団ひまわりに所属し、埼玉県生まれの声優、俳優、歌手、ナレーターと幅広く活躍している方です。

代表作はアニメでは、2006年「桜蘭高校ホスト部」の須王環、2010年「裏切りは僕の名前を知っている」の碓氷愁生、2014年~2018年「東京喰種」の月山習、2019年「炎炎ノ消防隊」の新門紅丸があります。ゲーム作品では、「スキップ・ビート!」の不破尚、「ファイアーエムブレム無双」のレオンがあります。他にも映画の吹き替えやラジオ、ナレーションなど数多く演じました。

宮侑の名台詞・名シーン

ここでは、宮侑の名台詞や名シーンについて解説させていただきます。

「俺のセットアップで打てへんやつは、ただのポンコツや」

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

自分のセットアップに相当の自信がないと言えない台詞です。スパイカーに合わせて微調整ができる技術を持っており、どのスパイカーにとっても打ちやすいトスを上げられるようにストイックに努力してきた宮侑にとって、自分のセットアップで打てない選手にはそもそも興味が沸かないかもしれません。

「よりいっぱいのモンで支えたんねん、セッターやもん」

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

普段はお調子者で、暴言も決して少なくない宮侑ですが、スパイカーに対して誰よりも真摯で献身的だということが分かります。これには影山飛雄も何か心を動かされるものがあり、孤爪研磨もセッターの鑑と称していました。

「俺のサーブの邪魔すんなや、この喧しブタ」

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

恐らく宮侑の台詞の中で多くの人の印象に強く残っているのがこの台詞でしょう。サーブは集中して静寂の中で打ちたい宮侑にとって、この時事情を知らないファンからの掛け声に怒鳴らずとも激怒しているのが分かるくらいでした。

宮侑はお調子者で毒舌だけれど、スパイカーに真摯な高校No.1セッター!

【ハイキュー!!】宮侑のサーブがかっこいい!?声優や名言についても解説

©古舘春一/集英社

宮侑の試合での活躍は勿論のこと、笑顔で暴言を吐くところにも是非注目してみてください。宮治との双子ならではの息の合ったセットアップも魅力です。

稲荷崎高校と烏野高校の試合では、宮侑の磨いてきた技術が存分に発揮されるシーンが数多くあるため、宮侑のことが好きになった方も多いのではないでしょうか。