【ヒロアカ】 デステゴロの強さの秘訣は?個性や声優について考察!

デステゴロとは漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場するプロヒーローの1人です。

デステゴロは良い肉体を持つプロヒーローであり、アニメでかっこいい名セリフを披露したことで注目されるようになりました。しかしデステゴロは個性や強さが不明であり、謎が深いキャラクターです。今回はそんな謎のヒーロー、デステゴロにフォーカスを当ててみていきます。

デステゴロの基本情報

【ヒロアカ】 デステゴロの強さの秘訣は?個性や声優について考察!

デステゴロの特徴

【ヒロアカ】 デステゴロの強さの秘訣は?個性や声優について考察!

 

鍛え上げられた筋肉が特徴な体格で受け口が特徴のプロヒーローです。喫煙者でタバコを吸っている描写が多くあります。

現場の状況判断が的確で、しっかりと人に伝えることが出来ています。リーダー的存在になるキャラクターです。

警備業界では数多く活躍しているようです。雄英体育祭では、シンリンカムイやMt.レディらと共に会場の警護にあたっています。その後、予選を突破した緑谷出久に気付く場面がありました。

そんなデステゴロは漫画の第1話から登場しており、漫画の作中で最古参のキャラクターとなりました。

デステゴロの個性

【ヒロアカ】 デステゴロの強さの秘訣は?個性や声優について考察!

パンチングヒーローです。実はデステゴロの個性は公式では明らかにされていません。

作中でデステゴロは自身の美しい肉体(本人談)を利用して戦うことが判明しているので、おそらく筋肉を利用した能力を持つ個性があるのではないかと考えられています。

漫画の冒頭で緑谷出久の幼馴染である爆豪勝己がヘドロ・ヴィランに捕らわれ人質になった際、デステゴロは爆豪勝己を助けるために出動します。

この時デステゴロはドロドロの身体をしたヘドロ・ヴィランの肉体を掴めないと発言しており、ヘドロ・ヴィランのような液体上の能力を持つ相手は苦手であると思われます。

デステゴロの声優

拝 真之介(おがみ しんのすけ)さんは埼玉県出身の声優です。松濤アクターズギムナジウムを卒業した後にAIR AGENCYに所属しています。趣味は晩酌、ツーリング。特技は柔道だそうです。

代表作は、『カミワザ・ワンダ』ギガガ、『マクロス△』カシム・エーベルハルト、『遊戯王ARC-V』ゲールなどがあります。

Part1からPart4まであるVOMICでは、小田柿 悠太(おだがき ゆうた)さんがデステゴロの声を担当しています。

小田垣さんは神奈川県出身の声優です。81プロデュースに所属しています。趣味特技はフリースタイルフットボールや料理、フットサル、ボイスパーカッションなどだそうです。

代表作は、『コスプレ☆アニマル』淡宮譲、『金田一少年の事件簿R』の魚崎葉平、『ゲート自衛隊彼の地にて、斯く戦えり』の菊池などがあります。洋画の吹き替えも数多くされています。

デステゴロの名シーン・名セリフ

【ヒロアカ】 デステゴロの強さの秘訣は?個性や声優について考察!

デステゴロを語る上で欠かせないストーリはやはり第2話です。この事件を少しおさらいしましょう。

商店街でヘドロ・ヴィランが爆轟勝己の肉体を乗っ取ろうとしています。デステゴロはシンリンカムイやMt.レディ、バックドラフトと共に出動します。しかし、人質を取られていることと、有利でない個性ということで手が出せません。市民を避難させるだけで精一杯です。

緑谷出久も現場に到着し、捕らわれているのが幼馴染の爆轟勝己であることに気づいた緑谷は、ヘドロ・ヴィランに向かって走り出していました。そして、ヘドロ・ヴィランに攻撃されそうになったところを、オールマイトに助け出されました。

「無駄死にだ、自殺志願者かよ!!」

【ヒロアカ】 デステゴロの強さの秘訣は?個性や声優について考察!

無鉄砲にヘドロ・ヴィランに突っ込んで、攻撃を受けそうになる緑谷出久を助けようと飛び込んでいきます。その際にこの名セリフが生まれました。デステゴロは誰よりも緑谷出久の身を案じており、どうにかして助けようと必死で考えて動いていました。どのヒーローよりも早く緑谷を救出しようと、プロヒーローとしての意識の強さを世に広めました。

デステゴロはヘドロ事件解決後、ヴィランに向かって飛び出していった緑谷出久に「君が危険を冒す必要は無かった」と説教しています。自分が受ける取材や撮影を後回しにして。それほど緑谷を心配していたのだと感じます。

ヒーローはあらゆる危険から一般人を守り切ればそれでいいものなんだと思っていたけれど、こんなにも親身になってくれるヒーローもいるんだな、と驚き、デステゴロの人の好さを実感しました。

デステゴロのまとめ

【ヒロアカ】 デステゴロの強さの秘訣は?個性や声優について考察!

プロヒーローは数多く登場し、プロヒーローとして一括りにされることもあります。しかし、一番最初に登場し、体育祭編でも登場し、人々の心に残るヒーローとなりました。

アニメ版では、職場体験で耳郎響歌を受け入れている描写があります。蛙吹梅雨の職場体験のように、いつか耳郎響歌の職場体験のエピソードをアニメオリジナルで公開し、デステゴロの活躍をみたいです。