【ヒロアカ】A組の誇る優等生!蛙吹梅雨の個性や名シーン、声優も紹介!

A組に所属している数少ない女子・蛙吹梅雨。敵連合の襲撃に始まり、林間合宿・インターン編とかなり出番が多いキャラクターです。コミックスでは番外編も描かれていて、作者もお気に入りのキャラクターだと思われます。A組の中でも欠点が少ない優等生とされていて、人気も高いのではないでしょうか?

そんな彼女、蛙吹梅雨の個性や名シーンについてまとめていきます。

蛙吹梅雨の基本情報

【ヒロアカ】A組の誇る優等生!蛙吹梅雨の個性や名シーン、声優も紹介!

蛙吹梅雨の特徴

雄英高校の1年A組に所属している女の子です。個性「蛙」を持っていて、顔もカエルっぽさがありながらもしっかりと可愛い女の子になっていおり、堀越先生の本領のようなキャラクターになっています。友達になりたい人には”梅雨ちゃん”と呼んでほしいらしいです。

雄英では”課題らしい課題のない優秀な生徒”と認識されている一方で、戦闘向きの個性ではないので体育祭や戦闘訓練で大きく目立つということはあまり無いです。しかし、色々な状況に器用に対応できるていて、生徒の中では誰よりも己の個性を使いこなせている所が優等生である一因でしょう。

蛙吹梅雨の性格

彼女はとても正直で思ったことを何でも言ってしまいます。さらに彼女はとても冷静沈着で、雄英の教師が「人々の精神的支柱に成り得る」と評価するほどです。トラブルに直面しても感情的になることなく、やるべきことだけをしっかりと見つめることができます。

蛙吹梅雨の個性

彼女の個性は「蛙」で、”蛙っぽいことが大体できる”という能力です。いわゆる異形型の個性となっています。本人曰く、跳躍したり壁に張り付いたり胃袋の出し入れや毒性の粘液の分泌、他にも舌を20mほど伸ばすことが出来るようです。さらに、個性伸ばしで手に入れた保護色で背景と同化して紛れたりすることも出来るようです。舌の力が意外と強いようで、少なくとも人1人分を持ち上げたり投げたりすることが出来るようです。

戦闘に特別向いているという個性ではない印象ですが、彼女の立ち回りや個性の使い方などが上手いことが強さの秘訣のようです。”蛙吹梅雨が優等生”と言われる所以はここにあると言えそうです。

蛙吹梅雨の弱点

個性が「蛙」であることで火に弱いようですが、そもそも人が火に弱いので特別な弱点とは言い切れません。しかし彼女は寒がりであるようで、弱点は”温度変化”と言うことが出来そうです。轟焦凍のような個性が彼女の弱点をつけるのではないかと思われます。

蛙吹梅雨の声優

蛙吹梅雨を演じている声優は悠木碧さんです。 悠木碧さんは、かつては子役として活躍しており、2003年に「キノの旅」のさくら役を演じたことをきっかけに声優業界に足を踏み入れたようです。その他にも、「ワンパンマン」の戦慄のタツマキ役や「べるぜバブ」の谷村千秋役、「妖怪ウォッチ」の未空イナホ役など幅広いキャラクターを演じ活躍しています。

蛙吹梅雨の名シーン

蛙吹梅雨の名シーン・名セリフ等をまとめていきます。

FROPPY

【ヒロアカ】A組の誇る優等生!蛙吹梅雨の個性や名シーン、声優も紹介!

雄英の授業でヒーローネームの考案しているときのシーンです。前の芦戸・青山の二人が変なヒーローネームを挙げたせいで大喜利っぽい空気になりますが、彼女のおかげでリセットされクラスのみんながFROPPYに感謝します。ちなみに、このヒーローネームは小学校のころから温めていたようです。

メテオファフロッキーズ

【ヒロアカ】A組の誇る優等生!蛙吹梅雨の個性や名シーン、声優も紹介!

ドラグーンヒーロー・リューキュウの事務所でインターン活動しているときに見せた技です。ウラビティ・FROPPYのコンビネーション技で、敵退治に大きく貢献しています。合わせ技は学生ではあまり見られませんね。このときの活躍は、ニュースにもなって騒がれたようです。

「蛙吹氏が3人向かってきてる」

【ヒロアカ】A組の誇る優等生!蛙吹梅雨の個性や名シーン、声優も紹介!

雄英のA組・B組の合同戦闘訓練の時のシーンです。セリフは宍田のもの。本当に3人に増えたわけではなく、蛙吹の分泌した液で上鳴・心操のにおいを上書きして、宍田の鼻を混乱させたというものです。本人曰く、分泌液はあまり使い道がないと言っていましたが、こうして実用的な使用方法を見つけるところが彼女を優等生である理由の一つなんでしょうね。

クラスの精神的支柱・蛙吹梅雨

【ヒロアカ】A組の誇る優等生!蛙吹梅雨の個性や名シーン、声優も紹介!

蛙吹梅雨はこれまで言ってきた通り、雄英1年の中でもかなり安定感のある優等生です。個性の使い方にかなり幅がありますし、色々な場面で活躍しています。彼女は現在、ドラグーンヒーロー・リューキュウの下でインターンを継続しているようで、”決定力”に磨きをかけているようです。

蛙吹梅雨は蛙を女の子にうまく落とし込んだ堀越先生の真骨頂のようなキャラクターで、インパクトもありますが人気もかなり高いのではないでしょうか?これから来るであろう決戦に向けてインターンにて力をつけている生徒たちですが、彼女はNo.10のヒーローの事務所でしっかりしごかれているのでかなり活躍できそうです。これからの蛙吹梅雨の出番に胸が高鳴りますね!!