【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

ルフィを筆頭に最悪の世代と言われている世代の一人ディエス ドレーク船長。

動物系(ゾオンケイ)の希少種であるリュウリュウの実モデル”アロサウルス”(古代種)の能力者です。

実は元海軍少将といった意外な経歴の持ち主でもあるドレーク船長。

シャボンディ諸島編を初め、ワノ国編にも登場しています。

この記事では、その能力と経歴・基本情報を解説していきます。

ディエス ドレークの基本情報

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

現在は四皇カイドウ率いる百獣海賊団の傘下に入り、真打ちの中の最強の6人”飛び六胞”の1人となっている。

しかし実は海軍の機密特殊部隊「SWORD」隊長として潜入捜査していた。

女性の裸に弱く、見てしまうと白目を剥いて倒れてしまいます。

その為女性への尋問は部下にやらせている様です。

登場シーン

シャボンディ諸島編で11人の超新生(スーパールーキー)として登場した。

シャボンディ諸島では黄猿ボルサリーノ)とパシフィスタに遭遇、能力を使いパシフィスタに流血させる程の力を持っている。

黄猿からは「内情を知っている分‥絶望もデカイと思うがねェ」と意味深な発言もあった。

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

初登場の際にリュウリュウの実の能力も披露しており、モデル”アロサウルス”(古代種)は希少種の実であるようです。

リュウリュウの実モデル”アロサウルス(古代種)とは?

リュウリュウの実モデル”アロサウルス(古代種)とは動物系(ゾオンケイ)の能力で、アロサウルスに変身できる能力です。

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

ドレークの食べたとても珍しい動物系古代種の実で、変身後はその牙で海軍兵器パシフィスタを流血させる威力を持っています。

現在出れいるキャラクターでも動物系古代種の能力者は5人のみとなっているので、その希少さが見られます。

リュウリュウの実の能力技はまだ作中に描かれているものが少ないので謎が多いです。

しかし2年後のワノ国編での登場シーンでは、今までの変身と違った形態での登場でした。

どの様に今後見られるのか楽しみなまでです。

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

ドレーク船長は元海軍?

ドレーク船長の父は父親は元海軍将校で海賊のX・バレルズで立派な父に憧れていたが当然その尊敬していた父が海賊となりその父から暴力を振るわれバレルズ海賊団で雑用をさせられていました。

19歳の時にオペオペの実をめぐるドンキホーテファミリーとの争いに居合わせましたが、ドフラミンゴの鳥かごを発動させた際に運よく鳥かごの外におり、海軍に保護され難を逃れました。

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

その後海軍に入隊し少将まで昇りつめますが、父と同じ海賊の道を歩むことになるのです。

その為に、ドレーク海賊団の船を塗り替え海軍マークを改変したような海賊旗を掲げています。

しかしまだドレーク船長の海兵説は続いておりコビーと通信でやり取りしている様に機密特殊部隊「SWORD」隊長として潜入捜査していた。

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

ディエス・ドレークの名言

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

マリンフォードの一戦を見ての一言。

あまり多くを語らないドレーク船長だけあって真意は伝わってきませんが、元海軍少将としてあの戦争を観戦し思うことがあったのだろうと感じさせられます。

今後のドレーク船長の動きがとても気になった一言です。

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

ワノ国編でのワンシーン。

いつもクールそうなドレークの意外な一面です。

上記と通り女性の裸を見ると白目を剥いて倒れてしまう事がわかったシーンです。

父親を殺したドフラミンゴに対して何も思わないという程冷静沈着なドレークの意外とシャイな一面もあるのだと感じさせられたこのシーンでした。

【ワンピース】xドレーク(ディエス・ドレーク)は女に弱い?父親との関係は?

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

コビーとの通信のワンシーン。

X・ドレークの正体がわかったこのシーンにはとても驚きでした。

ドレーク以外にも、コビーも機密特殊部隊の一員だった事・ドレークの今までの海賊としての動きが全て偵察の為だった事色々と驚きが多かったこのシーンです。

登場回数の少ないドレークですので、名言や名シーンがとても少ないですがその少ない登場回数でもこれからを期待してしまう様な気になる台詞が出てきていました。

ディエス ドレークの今後の動きについて

X・ドレークについて今はまだ謎の多い人物である事は確かです。

今後、機密組織「SWORD」がどの様な動きをしていくかとても気になる所です。

機密組織だけあって上層部が誰に当たるのかや、元元帥センゴクとドンキホーテ・ロシナンテが使っていた合言葉と同じ形式の物を使っていた事、気になる事がまだまだ多い状況です。

しかしそこから見える元元帥センゴクが関わっている事なのか、どの様に今後ストーリにドレークが関わっていくのかとても機になる所です。