【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

【テニスの王子様】に登場する1年生トリオの一人である加藤勝郎ですが、いったいどのような性格をしているのでしょうか。また、テニスの実力についても不明な部分も多く、登場シーンの多い中では謎の多いキャラクターと言えるでしょう。

そこで、加藤勝郎について解説。性格やテニスの実力、他のキャラクターとの関係等について紹介していきます。

加藤勝郎の基本情報

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

 加藤勝郎の特徴

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

加藤勝郎は青春学園中等部の1年生で、主人公の越前リョーマと同い年。同じ1年生には越前リョーマの他、堀尾聡史や水野カツオがいますが、加藤勝郎は1年5組に所属しており、水野カツオと同じクラスとなっています。また、加藤勝郎は青春学園中等部テニス部のレギュラーメンバーではないので、同じレギュラーメンバーでない堀尾聡史や水野カツオと3人で行動していることが多く、よく「1年生トリオ」として見られています。

ビジュアル的な特徴としては、小柄なおかっぱ頭という特徴を持っています。身長の148cmは1年生の中でも最も小さく、女子の竜崎桜乃や小坂田朋香よりも小さい身長です。

また、加藤勝郎は父親がテニスのコーチをしており、その縁でテニス部に入部していますが、具体的にテニスを始めたのがいつなのかは不明になっています。

加藤勝郎の性格

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

加藤勝郎の性格はとても大人しく、どちらかというと引っ込み思案な性格をしています。1年生トリオの中では堀尾聡史がリーダーとなっており、基本的には堀尾聡史の行動に付いて行っているという立ち回りになっています。

また、加藤勝郎は友達想いな性格もあり、わざわざ他校に偵察に行く等、友達の為なら勇気を振り絞るシーンもあります。しかし、偵察の際には報復を食らったりと、1年生トリオの中でも特に悲惨な目に合っています。

加藤勝郎のテニスの腕

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

加藤勝郎は原作やアニメでは早くに登場していますが、テニスをしているシーンはほとんどなく、その実力は不明となっています。しかし、缶に打球を当てるシーンでは全く当たっていなかったことから、テニスの王子様の中では決して実力は高くないのかもしれません。

缶に打球を当てている堀尾聡史ですらレギュラーメンバーではないことからも、加藤勝郎がレギュラーメンバーになれるかどうかは怪しいところ。能力的にも秀でているところがないことからも、まだ発展途上と言えるでしょう。

加藤勝郎の人間関係

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

加藤勝郎は1年生トリオの2人ととりわけ仲が良く、常に一緒にいます。また、他の部員とも仲が良く、試合中は乾貞治や不二周助の解説に聞き入っているシーンもあります。

大人しく敵を作らない性格をしており、堀尾聡史といがみ合っている小坂田朋香との仲も普通の様子。堀尾聡史と小坂田朋香がいがみ合った際には止めに入る等、割と苦労人の一面もあります。

加藤勝郎の声優

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

加藤勝郎の声優は、中川玲さん。中川さんは加藤勝郎の他、カルピン役もこなしており、意外と出番の多い方です。現在はオフィス・ビーに所属しており、主な代表作には「まみむめ★もがちょ(わこちょ役)」、「少女革命ウテナ(苑田茎子役)」があります。

中川さんはかなりのオタクであり、テニスの王子様のアフレコ現場に同人誌を持ち込んだり、オタク文化に興味を持った同僚をコミックマーケットに連れていくといった行動を起こしています。

加藤勝郎の名シーン・名台詞

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

青春学園のレギュラーメンバーではありませんが、部員であることから出番が非常に多い加藤勝郎。そんな彼にも名シーンや名セリフは存在します。ここでは加藤勝郎の名シーンや名セリフを紹介していきます。

「すごいよリョーマくん!」

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

越前リョーマの試合中、必ずと言ってよいほど発言するセリフ。大技を決めたときやピンチを脱した時、あるいはテクニカルなプレーを決めた時には必ずこのような越前リョーマを褒めるセリフを言います。

堀尾聡史があまり素直じゃない性格をしており、あまり越前リョーマ褒めないこととは対照的に、まるで自分のことのように喜んでいるシーンが印象的。すごいことにはすごいとはっきり言える裏表のない性格が、加藤勝郎の良いところなのかもしれません。

試合前の偵察

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

加藤勝郎は試合前、対戦相手の偵察に出かけることが多く、中でも山吹中学校の偵察に行った時のシーンは印象的。この偵察の後、亜久津仁ボールをぶつけられ、これが亜久津仁と青春学園中等部の因縁の始まりとなっています。

痛い目に遭いながらも、このように友達のために尽力する姿は健気で、印象に残るシーンとなっています。

気弱ながらも友達のために頑張る加藤勝郎

【テニスの王子様】加藤勝郎の性格は?テニスの実力等について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

加藤勝郎は大人しい性格をしていますが、試合前に偵察に出かける等なんとか部に貢献しようとする姿が印象的な人物。まだまだ成長途中であり、いつの日か、レギュラーメンバーになれる日がくるのでしょうか。