【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

【テニスの王子様】に登場する種ヶ島修二。飄々とした性格が人気なキャラクターですが、作中ではどのような活躍を見せたキャラクターなのでしょうか。また、作中での担当声優はどなたなのでしょうか。

ここでは種ヶ島修二について解説。担当声優や作中での活躍等について紹介していきます。

種ヶ島修二の基本情報

【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

 種ヶ島修二の特徴

【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

種ヶ島修二は新テニスの王子様に登場するU-17日本代表。種ヶ島修二は高校生ですが、テニスの実力は高校生の中でも極めて高い人物として登場しています。その能力は、「全てのショットを無効化する」というチートのような能力。このチートのような能力を持ち、U-17日本代表1軍のNo.2という地位にいます。

日本代表の力関係は非常にわかりづらい力関係ですが、No.1である平等院鳳凰は「日本最強の男」と名高い鬼十次郎に負けたことがありますが、その鬼十次郎が唯一勝てなかった相手が、種ヶ島修二という力関係です。

種ヶ島修二は白髪、褐色肌が特徴の人物で、大阪弁で話すという様々な特徴を持っており、極めつけは大阪弁で話す割には出身地が「南の島」という非常に特殊なキャラクターだと言えます。

また、種ヶ島修二は飛行機が嫌いという弱点があり、飛行機が嫌いだからという理由だけで1軍のメンバーにもかかわらず1軍の海外遠征に参加しないというほど徹底しています。

種ヶ島修二の来歴

【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

種ヶ島修二は新テニスの王子様にて初登場。種ヶ島修二はシャッフルマッチダブルスで大曲竜次とペアを組み、真田弦一郎、亜久津仁のペアと対決。試合中には真田弦一郎とあっちむいてホイをするというトリッキーな試合を展開しつつ、真田弦一郎の技を次々と無効化し、結果的には1ゲームも取らせないという圧倒的なテニスを展開しました。

U-17杯ではBブロック1回戦シングル3でギリシャのゼウスと対決。本来は白石蔵ノ介がゼウスと戦う予定でしたが、ゼウスのオーラに完全に震えてしまった白石蔵ノ介に変わり出場。ゼウスは「試合の全てをコントロールできる」というこれまたチートじみた能力を持っており、一時期は0-5と大きく引き離されてしまいました。

そこで種ヶ島修二はラケットを左手に持ち替えてプレー。こうした姿にゼウスは一切行動を読めなくなってしまい、あれよあれよという間に0-5から7-5という逆転劇を演じていました。

種ヶ島修二の担当声優

【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

種ヶ島修二の担当声優は、上山竜司さん。上山さんは声優の他、俳優としても活動しており、かつては「RUN&GUN」という元メンバーで活動していました。

2014年から俳優を主だって活躍しており、声優としての代表作は「家庭教師ヒットマンリボーン(ジル役)」と種ヶ島修二役の2つのみ。舞台俳優としては「るろうに剣心(武田観柳役)」、「ウエストサイドストーリー(リフ役)」等様々な役柄を担当しています。

現在の所属事務所は芸能事務所の「キューブ」で、かつては「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に所属していました。

種ヶ島修二の名シーンや名セリフ

【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

種ヶ島修二は新テニスの王子様に登場しているキャラクターですが、種ヶ島修二は非常に人気のあるキャラクターなので、名シーンや名セリフがいくつもあります。ここでは種ヶ島修二の名シーンや名セリフを2つ紹介していきます。

已滅無

【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

種ヶ島修二の必殺技が、「已滅無(いめつむ)」と呼ばれる技。これは「全てのショットを無効にする」というまさに最強と呼ばれる技。視覚から得た回転の情報を瞬時に手首へ伝えるという感覚から来るもののようで、全てのショットを「無」にして返すという仕組みのようです。

手塚ゾーンだろうが真田弦一郎の「雷」だろうがあっさりと返球するというチートのような技を持っており、この技が種ヶ島修二の実力の高さを証明していると言っても良いでしょう。

白石蔵ノ介とのやりとり

【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

ゼウスとの闘いは本来は白石蔵ノ介が出る予定でしたが、白石蔵ノ介がゼウスのオーラを前にして動けなくなってしまったことで代わりに出場しています。白石蔵ノ介は種ヶ島修二とゼウスの試合を観ながら、自分が培ってきたテニスと全く違うテニスを目にし、「テニスは基本に忠実なだけではない」ということを学習した様子。

優等生的なテニスをしてきた白石蔵ノ介にとって、直感的なテニスを披露した種ヶ島修二は、自分の目指す目標になったと言えるでしょう。

飄々としながらも後輩の目標になった、種ヶ島修二

【テニスの王子様】種ヶ島修二の担当声優は誰?作中での活躍等も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

種ヶ島修二は確かな実力と実力自由奔放なプレイスタイルのプレイヤーですが、そのプレイスタイルは、それまで教科書的なテニスばかりしてきた白石蔵ノ介にとっては目標になったようです。

後輩の成長のきっかけに繋がった、人気キャラクターと言えるでしょう。