【名探偵コナン】トメさんが最近出てこないのは何故?原作や娘の噂を調査!

鑑識官とは、事故現場や犯行現場において犯人が残した証拠を採取して調べたり、現場の写真撮影を行ったり、目撃情報からモンタージュを作成したりして、犯人を特定したり犯行状況を明らかにする仕事です。

とくに、被害者が死亡していたり、重傷を負って意識がないようなケースでは、直接目撃情報などを得る事は非常に困難です。

そこで鑑識官は、指紋や体液、毛髪、足跡、タイヤ痕、あるいは紙片や破片、植物片など、現場に残されたありとあらゆるものを採取・調査し、犯人を追うための重要な手掛かりを見つけ出します。

名探偵コナンに登場する鑑識官といえば、トメさん。

今回は謎多きトメさんにフォーカスを当てていきましょう。

トメさんの基本情報

【名探偵コナン】トメさんが最近出てこないのは何故?原作や娘の噂を調査!

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

トメさんの特徴

トメさんと言えば、事件現場に必ず駆け付け、鑑識結果を目暮警部に報告しているイメージです。

しかし、トメさんは実はアニメオリジナルのキャラクターで、原作には一切登場していません。原作では名前も特徴もない鑑識員が登場しますが、その人たちがアニメ版ではトメさんに代わっています。

本名も詳しい情報も公開されていませんが、映画や小説にも登場するなど、ファンに愛されるキャラクターとなってきました。

アニメ第128話『黒の組織10億円強奪事件』では、部下の鑑識員に対して「例の物持って来い」や「ご苦労」などと強めの口調で命令を出していました。このことから鑑識員としては高い役職についているのだと思われます。

トメさんの初登場

【名探偵コナン】トメさんが最近出てこないのは何故?原作や娘の噂を調査!

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

原作には一切登場していないトメさん。

初登場は意外と早く、アニメ第51話『ゴルフ練習場殺人事件』にて、鑑識課員として登場しています。この時はまだ名前はありませんが、トレードマークの鑑識課の帽子と眼鏡、担当した声優が中嶋聡彦さんだったことを考えるとトメさんの初登場と言っていいのだと思います。この時からトメさんだと思っていましたが、エンディングのテロップを見ると「鑑識課員」と書かれていました。

その次の登場はアニメ第74話『死神陣内殺人事件』です。目暮警部に鑑識結果を報告していました。この回がテロップに初めて「トメさん」の名前が登場した回です。

いつか原作にも登場し、本名が分かると嬉しいですね。

アニメ第214話『レトロルームの謎事件』のNext Conan’s Hintでは

コナン「次回は!」

元太「鑑識トメさん物語。」

トメさん「私が主役!」

コナン「いや、違うよ・・」

と、おちゃめなトメさんが見られます。

トメさんの声優

中嶋聡彦(なかじまとしひこ)さんは、男性俳優、声優、音響監督という肩書を持っています。かつては賢プロダクション、劇団21世紀FOXに所属していました。愛知県名古屋市出身で中央大学を卒業しています。代表作は『妄想代理人』蛭川雅美や、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』コジロー・マードックなどがあります。

トメさんと他キャラとの関わり

【名探偵コナン】トメさんが最近出てこないのは何故?原作や娘の噂を調査!

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

鑑識員なので、やはり警察関係者とのやり取りが多いです。いつも目暮警部に鑑識結果を報告しています。目暮警部も「トメさん」と声をかけていて、口調からとても親しい間柄だろうと推測されます。

そしてトメさんは江戸川コナンの事件捜査に協力的な数少ない味方です。江戸川コナンが事件現場でうろうろしていると「捜査は進んでいるか、名探偵?」と声をかけています。遺留品や証拠の品を見せてくれたり、コナンの質問に対し全て答えてくれたりアドバイスをくれたりします。

アニメ第187話『闇に響く謎の銃声』では、コナンに対して「しっかりやれよ、小林少年。」と声をかけています。江戸川乱歩の少年探偵シリーズが好きなのかと想像できますね。そう考えるとコナンに情報提供したりアドバイスをくれるのも納得です。

トメさんの娘!?

青山剛昌画集『名探偵コナンコンプリートワークス』内のインタビューコーナーにて、江戸川コナンの声優高山みなみさんのお話によると、アニメスタッフ間では、トメさんの娘も警視庁の鑑識員として働いている。という裏設定があるらしいです。

もしかして、映画『水平線上の陰謀』に登場した女性鑑識員がトメさんの娘じゃないか。という噂が流れています。本当かどうか気になりますね。

トメさんの名シーン

「鑑識のトメに見落としはないよ。」

【名探偵コナン】トメさんが最近出てこないのは何故?原作や娘の噂を調査!

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

映画『天国へのカウントダウン』でのトメさんのセリフです。トメさんが回収したおちょこの欠片を見て江戸川コナンが「ねえトメさん、おちょこは本当にそれで全部?」と聞いた時の返事です。鑑識としてのプライドが見え隠れしています。正確な年齢は公表されていませんが、何十年も鑑識一本で勤めているのでしょう。長年の経験がこのような言葉に現れるのだと思います。素敵です。

トメさんのまとめ

先程も書きましたが、トメさんはアニメオリジナルのキャラクターです。それなのに、ファンの間で「鑑識さん=トメさん」という方程式が確立されています。それは、コナンの話をちゃんと聞いてくれる警察関係者だからではないでしょうか。コナンの味方になってくれる人は無条件で好きになりますね。

アニメ第654話『毒と幻のデザイン(Poison)』以降トメさんは登場していません。声優の中島聡彦さんが亡くなられたためです。もう「よぉ、坊主。」が見られないのだろうと思うと胸が痛いです。声優が交代してもまたトメさんに会えることを祈っています。

コナンの映画が今だけ見放題!?

\ 今だけ期間限定!16作品が見放題!/

※無料期間内に解約すれば料金はかかりません