【ヒロアカ】バブルガールがかわいい!声優や個性の納涼句を紹介!

新生ナイトアイ事務所のサイドキックで、常に明るいバブルガール!司会進行などもしていて、重要な存在の彼女はサー・ナイトアイ事務所にとって居なくてはならないのですが、個性などはどういったものなのでしょうか。バブルガールについてご紹介します。

バブルガールの基本情報

【ヒロアカ】バブルガールがかわいい!声優や個性の納涼句を紹介!

 

バブルガールの見た目

【ヒロアカ】バブルガールがかわいい!声優や個性の納涼句を紹介!

青色の肌のショートカットが似合う女性で、体中からバブル(泡)が出るので、コスチュームはギリギリを攻めています。他にも、顔にバイザータイプのマスクを着けています。

バブルガールの性格

 

【ヒロアカ】バブルガールがかわいい!声優や個性の納涼句を紹介!

彼女は、ユーモアを求めてくるサー・ナイトアイの下、持ち前の明るい性格と頑張り屋さんな性格で日々、勉強しながらサイドキックとして勤めています。常に明るい彼女だからか、サー・ナイトアイにタメ口になっているシーンや、イレーザーヘッドとも普通に話しているのを見ると、人の良さを感じます。

元々の設定では、「慣れる」が彼女の課題で緊張や緊急事態に弱いタイプだったそうです。

バブルガールの個性

【ヒロアカ】バブルガールがかわいい!声優や個性の納涼句を紹介!

個性は、バブルで強個性という訳でもないのですが、やはり、それは使い方次第で、彼女の頑張り屋さんな性格もあり、努力して身についたものです。戦術としては、泡で相手の視界を閉ざし、その隙に捕獲するといったヒーローの基本的な型です。

技は、パヒュームバブルがあります。一度嗅いだ匂いを泡に閉じ込めたりもできるみたいです。

声優

バブルガール役の声優村川梨衣さんは、1990年6月1日生まれB型で埼玉生まれ東京育ちの方です。東京俳優生活協同組合に所属していて、レコードレーベルは日本コロムビア、「りえしょん」という愛称で親しまれていますが、「俳協の最終兵器」という異名も持っています。年齢は、自称「永遠の12歳」でキャッチフレーズは「あなたのハートにリエ☆マジック」です。

デビュー作は「FAIRY TAIL」のココ役で、代表作には、アニメ「エスカ&ロジーのアトリエ」のエスカ・メーリエ役、ゲーム「アイドルマスターミリオンライブ!」松田亜利沙役などを演じていらしたり、自身のラジオ番組「村川梨衣のaりえしょんぷり~ず♡」があり、多彩に活動をされてます。

バブルガールの名言・名シーン

仕事をきっちりとこなし、ヒーロー活動でも活躍を見せるバブルガールだが、普段の彼女はいったいどんな人物なのでしょうか?気になるバブルガールの姿をご紹介します。

サー・ナイトアイとバブルガールは意外と仲良し

【ヒロアカ】バブルガールがかわいい!声優や個性の納涼句を紹介!

彼女の初登場シーンはサー・ナイトアイに報告しに来ているシーンなのですが、「ホシに動きが・・・って今日もまた地味ですねオイ!」と気難しそうなサー・ナイトアイに向かって言い放っているのを見ると、彼女の人当たりの良さがここまでの関係を作りあげているんだなと感じます。その後は、サー・ナイトアイにお叱りを受け、しっかりと報告をしています。

そして、通形ミリオと緑谷出久が事務所に入ってくるシーンでは、「元気とユーモアのない社会に未来はないと私は思っている」と言われてしまい、「TICKLE HELL」と描かれているくすぐりの機械でお仕置き兼元気ね声が出るように鍛えられてるところを見られています。

死穢八斎會との戦いでは、同じくサイドキックのセンチピーダーと共に最前線で乗り込み向かってきた敵を、自身の個性バブルを活用し、プロヒーローとして迅速に敵を取り押さえています。

通形ミリオにはジェラシー全開!?

【ヒロアカ】バブルガールがかわいい!声優や個性の納涼句を紹介!

彼女は、サー・ナイトアイに元気が足らないなど、ユーモアが足らないとお叱りを受けることが度々あるみたいですが、彼のサイドキックとしても、ヒーローとしても慕っているので、緑谷出久が実技面接を受けている間にサー・ナイトアイから指名を受けていた通形ミリオに対して、「気に入られてんだよね全くも― あたしゃウラヤマですよウラヤマ!」と言ってます。

バブルガールのまとめ

【ヒロアカ】バブルガールがかわいい!声優や個性の納涼句を紹介!

やはり、元オールマイトのサイドキックだっただけあって、学べることが多くありその彼を慕っている彼女は、サー・ナイトアイの最後の時に気まずく疎遠になっていたオールマイトを呼んでいたり、サー・ナイトアイがいなくなっても、頑張り屋なところは変わらないみたいです。

持ち前の明るさと頑張り屋な面、彼女は誰とでも親しみを持って関われるので、ヒーローとしてこれからどんな成長を遂げていくのか気になるヒーローの一人です。

最後に、このバブルガールはファンアートコンテストで選ばれたキャラクターで、本当は雄英生の一人としてでしたが、作者の意向でサー・ナイトアイのサイドキックとしての登場になりました。他にも、キャラデザインは青い肌ではなく、透けている設定だったりしていたみたいです。