【テニスの王子様】赤澤吉朗は全国区の選手?声優や名シーンも紹介!

【テニスの王子様】には赤澤吉朗というキャラクターが登場します。【新テニスの王子様】にはほとんど出てこないのでイマイチ影が薄いキャラクターですが、果たして作中ではどのような活躍を見せたのでしょうか。

そこで今回は赤澤吉朗について解説。担当声優や作中での活躍等について紹介していきます。

赤澤吉朗の基本情報

【テニスの王子様】赤澤吉朗は全国区の選手?声優や名シーンも紹介!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

赤澤吉朗の特徴

【テニスの王子様】赤澤吉朗は全国区の選手?声優や名シーンも紹介!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

赤澤吉朗は聖ルドルフ学院中学校の3年生。聖ルドルフ学院テニス部の部長を務めており、観月はじめのサポートを受けながら日々部活に勤しんでいます。聖ルドルフ学院のテニス部は全国から優秀な人材をスカウトしつつ活動していますが、赤澤吉朗は元から聖ルドルフ学院中学校にいる人物です。

赤澤吉朗は非常に体格が良く、中学3年生で179cm66kgという背格好をしています。やや黒い肌をしており、見た目はサーファーのような見た目が特徴。テニスの腕もとても良く、シングルスプレイヤーとして全国区に名前が上がるほどの実力を持っていますが、作中ではほとんどダブルスで登場しています。そのパートナーが、金田一郎です。

得意技は「ブレ球」で、ラケットの先端で打つことによって微妙なブレを生み出す技。作中のテニスプレイヤーは動体視力がとても良いキャラクターが多く、そういったプレイヤーにはボールが分裂して見えるのです。ちなみにこのブレ球は意図的に繰り出す技ではなく、本人の無意識な「癖」なのだとか。わざとガットの先に当てる癖があるようで、これ自体は本来は直すべき癖だとされているようです(ガットの中心でボールを当てると強い打球が飛ぶため)。

赤澤吉朗の来歴

【テニスの王子様】赤澤吉朗は全国区の選手?声優や名シーンも紹介!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

赤澤吉朗は東京都都大会編で初登場。準々決勝で青春学園と戦い、そこでは金田一郎とペアを組み、大石秀一郎と菊丸英二のゴールデンペアと対決。それまでシングルスで戦ってきた赤澤吉朗は、ダブルスに苦戦。部長であることもきっかけとなり、一人で責任やらプレッシャーやらを背負いこんでしまいます。点は取りながらもなかなかダブルスがうまくできない赤澤吉朗に、相方の金田一郎は「ばか澤」と呼び叱責。

ダブルスの重要性に気が付いた赤澤吉朗は、その後もブレ球を駆使して菊丸英二の体力や集中力を削り続け、タイブレークの末にゴールデンペアに勝利しています。しかし、結局聖ルドルフ学院は青春学園に負けてしまい、また、5位決定戦では氷帝学園と当たってしまい、都大会で姿を消してしまいます。その中でも赤澤吉朗は氷帝学園との試合でもダブルスで勝利しています。

赤澤吉朗は新テニスの王子様ではU-17の合宿に参加していないため、新テニスの王子様ではほとんど出番がなくなってしまいました。

赤澤吉朗の担当声優

赤澤吉朗の担当声優は、岩崎征実さん。岩崎さんは尾木プロTHENEXTに所属しており、テニスの王子様では他にも日吉若の担当声優も兼任しています。同じ作品でも兼任が多いことが特徴の声優さんです。

岩崎さんの主な代表作には、「こちら葛飾区亀有公園前派出所(左近寺竜之介役)」、「格闘料理ビストロレシピ(幕乃内月次役)」、「ジュエルペットシリーズ(イルカ先生役)」等数多くの役柄を担当しています。

赤澤吉朗の名シーンや名セリフ

【テニスの王子様】赤澤吉朗は全国区の選手?声優や名シーンも紹介!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

赤澤吉朗は出番が限られているキャラクターですが、名シーンや名セリフ等の印象的なシーンがいくつもあります。ここでは赤澤吉朗の名シーンや名セリフを2つ紹介していきます。

菊丸英二との闘い

【テニスの王子様】赤澤吉朗は全国区の選手?声優や名シーンも紹介!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

赤澤吉朗の出番の中で最も話数が多いのが、青春学園の菊丸英二との対戦。マネージャーの観月はじめの策略で、動体視力がずば抜けている菊丸英二を封殺するために、それまでシングルスプレイヤーだった赤澤吉朗をダブルスで用い、ブレ球を使って菊丸英二を疲弊させました。

試合にも勝ち、菊丸英二の弱点(スタミナ面)が浮き彫りになった対戦になり、その後の菊丸英二の成長に繋がるきっかけとなっています。

ダブルスプレイヤーとして

【テニスの王子様】赤澤吉朗は全国区の選手?声優や名シーンも紹介!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

聖ルドルフ学院テニス部の部長であり、全国区で名の知れたシングルスプレイヤーだった赤澤吉朗は、観月はじめの策略でダブルスで参戦しています。初めはその責任感から、ペアの金田一郎との連携もうまくいかず、ギスギスしたペアになっていましたが、金田一郎が「バカ澤」と叱責してからは金田一郎との連携も上手くいくようになり、最終的には青春学園のゴールデンペアに勝利しています。

このことからも、赤澤吉朗はテニスプレイヤーとして成長しているのだとわかるシーンとなっています。ちなみに、ペアの金田一郎は赤澤吉朗の一つ下の学年。後輩に「バカ」と言われながらも、決して金田一郎を叱るわけでもないというところも、赤澤吉朗の良いポイントと言えるでしょう。

責任感の強い「バカ部長」、赤澤吉朗

【テニスの王子様】赤澤吉朗は全国区の選手?声優や名シーンも紹介!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

赤澤吉朗は聖ルドルフ学院テニス部の部長で、非常に責任感の強い部長。また、後輩に「バカ」呼ばわりされても決して怒らない懐の大きさも兼ね備えているキャラクターです。