【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

【テニスの王子様】に登場する千歳千里。その見た目や性格からファンも多く、テニスの実力は非常に高いキャラクター。人気が高いキャラクラーなので出番も多いですが、そんな千歳千里を演じられている声優は誰なのでしょうか。また、作中ではどのような活躍をしたのでしょうか。

ここでは千歳千里について解説。千歳千里の担当声優や、作中での活躍等も紹介します。

千歳千里の基本情報

【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

千歳千里の特徴・テニスの実力

【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

千歳千里は四天宝寺中学校の3年生。四天宝寺中学校へは1年前に転校で入学しており、それより前は熊本の獅子楽中学校に居ました。獅子楽中学校では不動峰中学校の橘桔平と同級生で、かつて二人は「九州二翼」と呼ばれていましたが、練習試合で橘桔平のボールが右目に当たったことが原因となり、右目の視力が極端に低いという特徴もあります。性格は協調性がなく、自由なスタイル。強い放浪癖があり、授業の出席率は約半分という有様となっています。

右目にハンディを抱えながらもテニスの実力は非常に高く、無我の境地を自在に使えるという実力者。その後には才気煥発の極みを習得。また、強烈な縦回転をかけて打球をホップさせる技、「神隠し」も使用でき、非常にハイレベルな中学生と言えます。

千歳千里の来歴

【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

千歳千里は全国大会編で登場。準々決勝で不動峰中学校と当たった際には、シングルス2で橘桔平とマッチ。橘桔平側が目の怪我を気にかけており、視覚にわざと打たなかったことが幸いし、この試合に勝利。この試合を最後にテニス部を辞めようと一度退部。その後復部し、準決勝で青春学園と対決。この試合では財前光とのペアで、手塚国光・乾貞治のペアを戦いますが、この試合は才気煥発の極みの打ち合いになり、ほとんどシングルスのような様相を呈し、結局1ゲームしか取れずに、手塚国光に完敗。

千歳千里は新テニスの王子様ではU-17の代表に選ばれ、脱落タイブレークマッチでは遠山金太郎と勝負する予定でしたが、遠山金太郎がその場に現れなかったために不戦勝。その後5番コートに所属し、入れ替え戦では橘桔平と共にダブルスで試合を行うことに。獅子楽中学校のOBである鷲尾一茶・鈴木惷のペアと戦うも、この試合では二人のシンクロによって敗北となってしまいました。

千歳千里の担当声優

【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

千歳千里の担当声優は、大須賀純さん。大須賀さんはアミュレートに所属している声優さんで、1998年くらいから活動しているベテランの声優さんです。名前の読み間違えがとても多いようで、「おおすか」を「おおすが」と読み間違えられていることが多いとのこと。

大須賀さんの主な代表作には、「サンリオ男子(吉野俊介役)」、「あんさんぶるスターズ!(影方みか役)」、「刀剣乱舞(桐谷御簾徒役)」等があります。

千歳千里の名シーンや名セリフ

【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

千歳千里は非常に人気のあるキャラクターなので出番もとても多く、名シーンや名セリフと呼ばれるものが非常に多いキャラクターです。そこでここでは、千歳千里の名シーンや名セリフを2つ紹介していきます。

橘桔平とのやり取り

【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

橘桔平とは獅子楽中に居た頃からの友人で、お互いにテニスの実力が高いことから、九州二翼と言われていましたが、中学2年(作中の1年前)に橘桔平が千歳千里の右目にボールをぶつけてしまい、テニス部を退部することに。橘桔平自身もこれが原因で獅子楽中テニス部を退部し、不動峰中学校へと転校することになりました。

不動峰中学校のテニス部は千歳千里がテニスを再開したことがきっかけで新設されているので、橘桔平以外が全員2年生という結果になっているのです。この2人は全国大会編で再び顔を合わせ、シングルス1で対決することに。お互い本気でぶつかりますが、橘桔平が前のケジメとしてあえて右目にボールを喰らったこと、あえて千歳千里の右目(視力の低下しているため、死角になっている)を狙わなかったことで、橘桔平の負けとなっています。

新テニスの王子様でもこの2人は登場し、ダブルスでかつてのOBと戦うという展開に。いろいろあった友人同士が戦い、そして共闘するという、少年マンガのような展開が見られる2人となっています。

才気煥発の極み同士の戦い

【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

手塚国光・乾貞治のペアを戦いますが、乾貞治・財前光はコートから外れ、結果的にダブルスがシングルスになってしまいました。この試合では才気煥発の極みの使い手同士の打ち合いになりましたが、才気煥発の極み同士の試合は実力の強い方が正しい予告になるため、結果的に手塚国光の方が正しい予告になってしまっていました。

橘桔平と因縁の深い、千歳千里

【テニスの王子様】千歳千里の担当声優は?作中の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

千歳千里は橘桔平と因縁が深く、何度かテニスを辞めているものの、橘桔平絡みのシーンが多く、最近は共闘するという展開に。こうしたシーンは普段の自由奔放な姿とは真逆で、ギャップのあるキャラクターです。