【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

【テニスの王子様】に登場する、喜多一馬。あまり出番がないキャラクターなので、一体どのようなキャラクターなのかわからない方も多いことでしょう。また、出番が少ないキャラクターですから、テニスの腕もどのようになっているのか不明な点もあります。

そこで、今回は喜多一馬について解説していきます。喜多一馬の来歴やテニスの腕等を紹介していきます。

喜多一馬の基本情報

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

喜多一馬の特徴

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

喜多一馬は山吹中学校の2年生で、同級生には室町十次がいます。山吹中学校テニス部の1年生には壇太一しかおりませんので、メンバーのほとんどが3年生ということになります。

喜多一馬の特徴は、茶色の髪と両ほほにうずまきのマークが付いていること。ただし、トレードマークのうずまきマークは原作には付いていますが、アニメではうずまきマークは付いていません。こうした特徴は、パートナーの新渡米稲吉にも同様であり、原作では新渡米稲吉も頭の上に芽が出ているのに対し、アニメでは頭の芽がありません。

喜多一馬の来歴

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

喜多一馬の初登場は、東京都都大会決勝戦。青春学園中等部との試合で新渡米稲吉とペアを組み、ダブルス2で河村隆・不二周助と戦いました。いずれも強いプレイヤーですが、この試合では6-3で勝利を収めています。その前の試合まで含めても、東京都都大会では全て勝利を収めています。

その後、関東大会に出場した山吹中学校は、1回戦で碇中学校との試合で、田辺伸彦・斎藤のペアと戦い、6-3で勝利しています。しかし、準々決勝で不動峰中学校の内村京介・森辰徳とのペアを戦いますが、この試合では6-7で負けてしまいました。

その後、全国大会に進んだ山吹中学校は、1回戦で聖イカロス中学校と対戦。阿部・白畑のペアと戦い、6-4で勝利しています。2回戦では名古屋星徳中学校の芳山・樋江井ペアと戦いますが、0-6で大敗してしまっています。ただし、名古屋星徳中学校との試合に限って言えば、パートナーは新渡米稲吉ではなく、錦織翼とペアを組んでいます。

喜多一馬のテニスの腕

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

喜多一馬は全ての試合でダブルスで出場し、パートナーは新渡米稲吉がほとんど。新渡戸稲吉は学年は一つ上ですが、互いに信頼し合っているようで、山吹中学校はダブルスが強いと呼ばれる一因を担っていることになります。事実、新渡米稲吉とペアを組まなかった全国大会2回戦以外では、1度しか負けていません。

特に必殺技を使っている描写もなく、いまいちどのような強さを持っているかわかりにくい部分もありますが、河村隆・不二周助といった実力のあるプレイヤーにダブルスとはいえ勝利をしていることから、ダブルスに限って言えば相当数の実力があるプレイヤーであるということが言えるでしょう。

シングルスでは一度も出場していないので、喜多一馬自身がどれだけのプレイヤーなのかは不明となっています。

喜多一馬の声優

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

喜多一馬の声優は、置鮎龍太郎さん。青二プロダクション所属に所属しており、数多くの作品に出演されています。主な出演作には、「SLAM DUNK(三井寿役)」、「戦国BASARAシリーズ(豊臣秀吉役)」があります。置鮎龍太郎さんはテニスの王子様では喜多一馬役の他、手塚国光役も務めており、このイメージの方が強いことでしょう。

喜多一馬の名シーン・名台詞

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

非常に出番が少ない喜多一馬ですが、原作やアニメではどのような名シーンや名セリフがあるのでしょうか。喜多一馬の名シーンや名台詞を紹介していきます。

跡部景吾について語るシーン

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

アニメではパートナーの新渡米稲吉と揃って跡部景吾について語っているシーンがあります。あまりにも強烈な跡部景吾の立ち振る舞いに対して、新渡米稲吉と共に跡部景吾をナルシストだと話しています。

言い過ぎだと壇太一に注意されていますが、本人はどこ吹く風。新渡米稲吉と感性が合っていることがわかるシーンでもあります。

新渡米稲吉との関係

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

新渡米稲吉は喜多一馬にとって先輩であり、ダブルスのパートナーでもあります。ダブルスが強い山吹中学校と呼ばれる一因であり、この二人のペアは非常に戦績が良いことがわかります。

数々のペアと戦っておりながらも、わずか2敗(うち1敗は新渡米稲吉とペアを組んでいない)という戦績は非常に輝かしいもの。喜多一馬は新渡米稲吉を尊敬しており、全国大会後では新渡米稲吉に対し、「引退しても先輩は僕のパートナー」と語っています。

ダブルスの実力が高い喜多一馬

【テニスの王子様】喜多一馬の来歴は?来歴やテニスの実力について解説!

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

喜多一馬は出番が少ないのでよくわからない点も多いですが、テニスの実力は相当高いと言えるでしょう。パートナーの新渡米稲吉との仲も良く、こうした仲の良さが強さの秘訣なのではないのでしょうか。