【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

【NARUTO】に出てきた忍者たちの先祖とも言える、大筒木一族。

カグヤやハゴロモ等、数々のインパクトを残してきた一族ですが、その中でもあまり注目されなかったのが大筒木ハムラです。

しかし、彼を調べていると、ある一族と深い関係のある人物だとわかりました。

今回は、大筒木ハムラの生い立ちや家族構成を整理し、関係のある一族をご紹介したいと思います。

大筒木ハムラの基本情報

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

大筒木ハムラの特徴

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ハムラは青い肌に、額から生えている2本の角、そして白眼が特徴です。

この特徴は大筒木一族に共通する外見の特徴になっていますが、眼に関しては2種類あるとされ、白眼と輪廻眼のどちらかを所有しているようです。

大筒木一族は、チャクラの祖として歴史のある一族とされています。

ハムラが持っている白眼は、日向一族の持っている白眼とは全く異なり、「転生眼」と呼ばれる眼となっています。

大筒木ハムラの家族構成

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ハムラは母に大筒木ガグヤ、兄に六道仙人の大筒木ハゴロモを持ちます。

父親は深く語られていませんが、遥か昔のソの国の主のテンジがカグヤと結ばれていますので、彼が父親ということになります。

また、ナルトやサスケと縁の深い大筒木インドラ大筒木アシュラは兄の子供ということになるので、ハムラから見たら甥にあたる人物と言えます。

ハムラは兄と異なり、妻や子供のことが一切書かれていませんが、白眼を持つことから、日向一族は彼の子孫の一族であるとされています。

また、ハムラの一族は内乱でほとんどが絶えてしまっていますが、彼の一族最後の生き残りが、劇場版「THE LAST」に登場する大筒木トネリとなります。

さらに、トネリは傀儡を使うことから、砂隠れの傀儡使いの初代操演者のモンザエモンも、血をたどるとハムラにあたることが考えられます。

大筒木ハムラの生い立ち

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ハムラは遥か昔に地上に降りたカグヤによって産まれ、兄のハゴロモと過ごしてきました。

ハムラは幼少のころから白眼が使えており、薬売りが持ってきた薬がただの薬草であることを見抜いています。

しかし、時を過ごしていくうちに母のカグヤは、徐々に暴走を始めてしまいます。

母が村の人間を神樹の生贄にし続けていることを知った兄弟は、母と対峙することを決意します。

しかし、ハゴロモよりも先にカグヤと対峙したハムラは、カグヤに操られてしまい、ハゴロモと対峙することになってします。

これによりハゴロモに貫かれてしまいますが、これにより洗脳が解け、ハゴロモの仙力(後の仙術チャクラ)の札で回復したことで、ハムラも仙術が使えるようになりました。

激闘の末に母を封印した兄弟は後に地上と月に別れ、ハムラは月で封印した十尾(母)の様子を見るために月へと向かいます。

その後、チャクラの使い方を見守るために転生眼を作り上げ、千年間の間世の中が平穏であるか見極めていました。

また、月に向かう際にハゴロモに対して、「1000年待とう」と言って、世の中を1000年間見極めることになりました。

具体的な死亡時期は明らかになっておりません。

大筒木ハムラと日向一族

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

大筒木ハムラは白眼を持っていたことから、日向一族の祖先と言われています。

つまり、日向ネジや日向ヒナタ、日向ヒアシは彼の子孫にあたる人物と言われています。

劇場版「THE LAST」ではハムラの一族の生き残りのトネリが、転生眼の開眼条件である白眼を得るために、日向ハナビの両目を奪う事件を起こしていることからも、関わりの深い一族と言えます。

大筒木ハムラの強さ

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ハムラの強さは作中で明記されていませんが、白眼を使った柔拳を使えることや、兄によって仙術チャクラを分けてもらったこともあり、戦闘能力そのものは非常に高いと推察できます。

日向一族が強いのは、彼の力によりところが大きいのではないでしょうか。

大筒木ハムラの名シーン・台詞

「俺は空から、兄者が作る世界を見守っているよ」

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

母を封印し、月へ帰る際のセリフです。

兄弟仲が非常に良かった二人を象徴するシーンとなっており、ハムラは月でチャクラが暴走しないように、転生眼を作り上げました。

転生眼は生と死を司る眼とされ、伝説の眼とされています。

「喋るカエルって、持って帰ったら…」

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

昔、喋るカエルを見た時に、兄のハゴロモに対して呟いたセリフです。

この喋るカエルはガマ丸と呼ばれ、ハゴロモに対して仙術を教えた由緒あるカエルとされています。

厳格そうな一面のあるハムラですが、意外とお茶目な一面が見えるシーンとなっています。

日向一族と関わりの深いハムラ

【NARUTO】大筒木ハムラと関係のある一族が? 生い立ちや家族構成を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

大筒木ハムラは白眼の祖と言われており、日向一族の祖先と言える人物です。

どうしても母のカグヤや兄のハゴロモの陰に隠れがちですが、兄と共に、世界の礎を作ったハムラのことも知っておくと良いでしょう。