【NARUTO】 音隠れの忍の赤胴ヨロイ!サスケとの対決とは!?

中忍選抜試験の際に、大蛇丸の仲間として木の葉の里に侵入してきた赤胴ヨロイ。同じく試験を受けることになるナルト・サスケ・サクラの第7班達の敵となります。そんな赤胴ヨロイとはどんな術を使うのか、どんな戦闘方法をするのかについてを、名台詞・名シーンと共にご紹介していきます。

赤胴ヨロイの基本情報

【NARUTO】 音隠れの忍の赤胴ヨロイ!サスケとの対決とは!?

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

赤胴ヨロイの特徴

赤胴ヨロイは、音隠れの里の忍です。黒い頭巾に黒いレンズをした寡黙な人物でもあります。他の大蛇丸の手下にあるような呪印は見られません。

立場的には薬師カブトよりは上なのようで、呼び捨てに敬語なしで話します。しかし、カブトが大蛇丸のお気に入りであったことや近頃にはカブトに先を越されていたことから苛立っていたようで、図に乗っているガキ扱いしました。逆に大蛇丸からはヨロイ達は捨て駒扱いされていました。

赤胴ヨロイの能力

ヨロイは特異な能力を持っています。掌を相手に宛てがうだけで精神と身体のエネルギー、つまりはチャクラを吸い出すことのできる術を使用します。忍術を得意とする接近型の忍に対して効果は抜群です。しかし、逆に言うとチャクラを吸い取る能力は強力ではあるものの、相手に接近して触れなくてはならないという弱点があります。また、チャクラを奪っている間は片手を離すことができないのて、相手の反撃を受けてしまうので、必ずしも直接戦闘には向いているとは言えません。

アニメオリジナルでは中忍試験では見せなかった水遁系の高等忍術や幻術を用いて戦いました。

中忍選抜試験

第1部における中忍選抜試験の際には、剣ミスミ、薬師カブトと共にスリーマンセルを組みました。その組のままで木の葉隠れの里に潜入して受験し、第1次の筆記テストと第2次のサバイバルを勝ち抜きます。

サスケとの対決

中忍試験の第3試験は1対1の対戦形式となり、予選ではサスケと当たりました。能力を最大限にまで活かした近接戦闘でサスケを苦戦させます。そのサスケは、大蛇丸に植え付けられた首元にある呪印のせいで、上手く自分のチャクラを練ることができずに防戦一方でした。

しかし、中忍試験開始前に身を持って体験したロック・リーの体術を活用します。サスケの写輪眼で1度見ていたので、練習や実践がなくともリーの技を再現することができました。そして最後にはサスケの獅子連弾を身に受けて意識を失ってしまい、審判の判断によって敗北しました。

海の国編

【NARUTO】 音隠れの忍の赤胴ヨロイ!サスケとの対決とは!?

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

原作では中忍試験のみしか登場しないヨロイでしたざ、アニメオリジナルの海の国編にてミスミ共に再登場を果たしました。原作では見せていなかった頭巾の下の素顔を見せただけではなく、多彩な忍術までも披露しており、サスケとの戦いでは全力を出していなかったが明らかになります。

大蛇丸のアジトの内の1つで実験を行っており、そこで実験体となった少女に関わっていました。そんな少女を解放しようとするナルト、いの、みたらしアンコの臨時の班と戦いました。一時期は苦しめるものの、最終的にはシノに敗北して海に沈んでしまいます。

赤胴ヨロイの声優

ヨロイの声を担当したのは、桐本拓哉さんです。「NARUTO」では他に疾風伝にてサダイ、御屋城エンも担当しています。代表作はアニメでは2004年「火の鳥」のロックや2017年「正解するカド」の言野匠などです。吹き替え作品ではアンディ・ラウ、ソ・ジソブ、ブラッドリー・クーパーなどの俳優の担当となりました。

ヨロイの2代目の声優は勝杏里さんです。代表作は「ときめきメモリアル Only Love」の鈴木一太や「とある魔術の禁書目録」の土御門元春などです。ちなみに続編の「BORUTO」では風魔コウタロウを担当しています。