【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

【テニスの王子様】にはジャッカル桑原というキャラクターが登場します。立海大の面々の中では影の薄い印象があるキャラクラーですが、ジャッカル桑原には無職というキーワードが連想されるようです。中学生であるジャッカル桑原が無職とはどういうことなのでしょうか。

ここではジャッカル桑原について解説。無職というキーワードの真相や作中での活躍等について紹介していきます。

ジャッカル桑原の基本情報

【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

 ジャッカル桑原の特徴、無職とは?

【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

ジャッカル桑原は立海大附属中学校の3年生レギュラー。色黒のスキンヘッドが大きな特徴ですが、ジャッカル桑原はブラジル人とのハーフです。その為か身体能力(特に肺活量)に優れており、周りからは「4つの肺を持つ男」と呼ばれています。

また、テニスのプレイスタイルが防衛的(ダブルスで出場することが多く、守備に回ることの多い)であることから、「鉄壁の守護神(ディフェンダー)」とも呼ばれているのだとか。

無職ということについては、ジャッカル桑原の父親がしばらく職がなかったことが明らかになっており、まさに「ホームレス中学生」のような状況であったというのが事の真相。父親は後に作中でラーメン屋を経営していることが明確になっています。

性格は非常に落ち着いており、切原赤也や真田弦一郎、仁王雅治等個性的なメンバーが多い立海大附属中学校の面々の中ではどうしても陰が薄い印象を持ちます。プロフィールによるとお小遣いは「丸井ブン太や切原赤也におごらされる」ということのようで、金欠な家庭事情も相まって損な立ち位置なキャラクターとも言えます。

ジャッカル桑原の来歴

【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

ジャッカル桑原は関東大会編で登場。準決勝では柳生比呂士と組んで不動峰を撃破(原作ではシングル2で登場)。決勝戦の青春学園戦では丸井ブン太と組み、桃城武・海堂薫のペアに6-1で圧勝しています。この試合では海堂薫のブーメランスネイクを全く同じ技で返すというテクニカルな部分を披露。

全国大会編では再び青春学園と戦った際には、再び丸井ブン太と組み、今度は青春学園のゴールデンペア(大石秀一郎と菊丸英二)と対決。結果的には負けてしまいましたが、必殺技の「ねずみ花火eat」を披露しています。

ジャッカル桑原は新テニスの王子様でも登場し、U-17のメンバー候補として合宿に参加。脱落を賭けたタイブレークマッチではペアの丸井ブン太と戦いますが敗北。その後は脱落組として行動しました。

ジャッカル桑原の担当声優

【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

ジャッカル桑原の担当声優は、檜山修之さん。檜山さんは声優としてのキャリアも長く、恐らく一度はお名前を聞いたことがあるはずの方。檜山さんと言えば「叫び」に定評のある方と言え、数多くの作品で魂の叫びを残していたり、必殺技を叫んでいます。

檜山さんの主な代表作には、「キャプテン翼J(日向小次郎役)」、「名探偵コナン(京極真役)」、「幽遊白書(飛影役)」等様々なものがあります。

ジャッカル桑原の名シーンや名セリフ

【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

ジャッカル桑原は立海大の面々中では地味な立ち位置に居るキャラクターですが、しっかりと名シーンや名セリフが用意されています。ここではジャッカル桑原の名シーンや名セリフを2つ紹介していきます。

鉄壁のダブルス

【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

ジャッカル桑原と言えばやはりダブルス。作中ではほとんど丸井ブン太と組み、数多くの勝利を挙げています。ボレーが得意な攻撃的な丸井ブン太がネットの前に張り付き、抜けたボールはスタミナに自信のあるジャッカル桑原が拾うという、まさに理想的なダブルスの組み合わせになります。

常勝を理念に掲げる立海大なので、こうしたバランスは当然の様に考慮されているはずでしょう。また、立海大の面々はどちらかというとシングル向きのプレイヤーが多く(真田弦一郎や仁王雅治、切原赤也等)、その中でもダブルスに長けたジャッカル桑原はとても貴重な存在と言えるかもしれません。

丸井ブン太との関係

【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

丸井ブン太とはダブルスのパートナーだけではなく、プライベートでもとても仲が良く、積極的すぎる丸井ブン太を止める役割を担っているのが、ジャッカル桑原なのです。

また、よく丸井ブン太は「○○するぜ。ジャッカルが」と口にすることが多く、それに対して「俺かよ」とツッコむというやり取りが定番となっており、テニス以外でも仲が良いことがわかります。

地味だけど堅実なテニスプレイヤー、ジャッカル桑原

【テニスの王子様】ジャッカル桑原が無職?作中での活躍等の解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

ジャッカル桑原は個性的な面々が揃っている立海大のメンバーの中では地味な立ち位置にいますが、テニスは堅実にプレイしており、常勝を掲げる立海大の重要なレギュラーだと言えるでしょう。