【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

【テニスの王子様】に登場する柳生比呂士。立海の中でも幸村精市や切原赤也とは違う方面で非常に人気の高いキャラクターですが、果たして柳生比呂士はどれくらいテニスが強いのでしょうか。また、作品ではどのような活躍をしたのでしょうか。

ここでは、柳生比呂士について解説。テニスの実力や作中での活躍等について紹介していきます。

柳生比呂士の基本情報

【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

柳生比呂士の特徴・テニスの実力

【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

柳生比呂士は立海大附属中学校の3年生。幸村精市が戦線離脱している際はレギュラーメンバーとして活躍しており、その性格はとても紳士的。他のメンバーを呼び捨てにすることなく、誰であっても「○○君」と呼びます。学校内でも模範生として名が知られており、眼鏡姿が印象的な人物。

テニスの実力は立海のレギュラーメンバーとして活躍するほどの実力を持っており、得意技は「レーザービーム」。主に仁王雅治とダブルスで登場することが多く、仁王雅治とのダブルスペアでは作中では負けなし、柳生比呂士自身がトータルで1敗しかしていないという戦績を持っています。紳士的な振舞いはコート上でも同じですが、作中ではやや紳士的な振舞いではない素振りをすることもあります。

柳生比呂士の来歴

【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

柳生比呂士は関東大会編で初登場。相方の仁王雅治と共に青春学園のゴールデンペア、大石秀一郎菊丸英二のペアと対戦。関東大会ではまだ無敗を誇る柳生比呂士でしたが、ここでもゴールデンペアに勝利し、関東大会を無敗で乗り切っています。

その後の全国大会では空きコートで六里ヶ丘中学の牛田鉄夫、宮瀬智則のペアに、海堂薫とのペアで勝利し、同じ対戦相手に切原赤也とのペアでも勝利。その後も準々決勝を勝ち上がりましたが、準決勝では名古屋星徳とのギャラガーとのシングルで初めて敗北しています。決勝戦での対青春学園では幸村精市が復帰したため、レギュラーメンバーではなくなったので、出番がありませんでした。

柳生比呂士は新テニスの王子様にも登場し、脱落をかけたタイブレークマッチでは仁王雅治とマッチ。ペテン師と名高い実力者である仁王雅治に対し、柳生比呂士は逆にペテンにかけ、仁王雅治に勝利しています。この時に機動の曲がるレーザービームを披露しています。

柳生比呂士の担当声優

【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

柳生比呂士の担当声優は、津田英佑さん。津田さんは主に俳優として活動されている方で、ミュージカル等で活躍されています。津田さんは俳優業の傍ら、声優としても活躍されており、主な代表作には「こちら葛飾区亀有公園前派出所(孔雀パトリック役)」、「真女神転生Dチルドレン ライト&ダーク(レミエル役)」等があります。

津田さんはテニスの王子様では柳生比呂士の他、リチャード坂田の声も担当されています。

柳生比呂士の名シーンや名セリフ

【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

柳生比呂士は男女問わず非常に人気のあるキャラクターなので出番も多く、作中でも名シーンや名セリフのようなものがいくつもあります。ここでは柳生比呂士の名シーンや名セリフを2つ紹介していきます。

「このワカメ野郎」

【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

全国大会の準決勝、名古屋星徳戦で柳生比呂士が言ったセリフ。切原赤也の対戦相手であるリリアデント・クラウザーが切原赤也に対して英語で話していましたが、英語がわからない切原赤也に代わって柳生比呂士が通訳していました。

この際、クラウザーが言った英語の最後に付けたのがこのセリフで、この言葉がきっかけになって切原赤也は悪魔化を会得することになりましたが、クラウザー自身はこの言葉を言っておらず、柳生比呂士が勝手に付け加えたもの。

柳生比呂士がどのような気持ちでこの言葉を意図的に付け加えたのかは不明ですが、試合にどうしても勝ちたかった(常勝を打ち出す立海大の雰囲気に加え、この試合に勝てば決勝戦で青春学園と当たることになり、幸村精市も復帰することが決まっている)のではとされています。

仁王雅治とのタイブレークマッチ

【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

新テニスの王子様では脱落をかけたタイブレークマッチを仁王雅治と戦うことになり、普段からお互いを知る2人が戦うことに。相手を詐欺に引っ掛けるプレイスタイルを得意とする仁王雅治は、この試合でも柳生比呂士をペテンにかけようとしますが、柳生比呂士は逆に仁王雅治をペテンに引っ掛け、試合に勝利しています。

普段相手をペテンに引っ掛ける仁王雅治を隣で見ていた柳生比呂士だからこそできるような芸当で勝利し、紳士と呼ばれる柳生比呂士らしからぬ、とても印象的なシーンです。

戦績が非常に良い紳士、柳生比呂士

【テニスの王子様】柳生比呂士の強さはどれくらい?作品の活躍も解説

『テニスの王子様』(C)許斐剛/集英社

柳生比呂士はテニスプレイヤーとして戦績が非常に良い立海のレギュラーメンバー。立ち振る舞いも紳士的ですが、勝つためには非紳士的な振る舞いをすることもある人物です。