【ドラゴンボール】ホイ、邪悪な魔導師、ヒーローズでの活躍。

魔導師・ホイは、劇場版ドラゴンボールZ『龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』に登場する悪役キャラクターです。真の悪役と謳われるホイとはどのようなキャラクターだったのか詳しく紹介していきたいと思います。

ホイの基本情報

【ドラゴンボール】ホイ、邪悪な魔導師、ヒーローズでの活躍。

©バードスタジオ/集英社

ホイの特徴

【ドラゴンボール】ホイ、邪悪な魔導師、ヒーローズでの活躍。

©バードスタジオ/集英社

ピンクの肌で背丈の低い老人のような姿をしており、耳は尖っています。顎からは触覚のような髭を生やしています。一見きさくでユーモアな老人に見えるが実際はずる賢く、極悪非道な性格です。その残忍さは魔人ブゥ編に登場した魔導師ビビディバビディを連想させるものがあります。

登場時は黄色のコートを羽織り、黒の長い帽子を被り地球人を装っていたが、普段の服装は白色のロングシャツに紺色のローブを羽織り忍者のような格好をしています。

ホイの登場シーン

【ドラゴンボール】ホイ、邪悪な魔導師、ヒーローズでの活躍。

©バードスタジオ/集英社

タワーの頂上から自殺を測ろうとしていたところを、グレートサイヤマンとして活動している悟飯とビーデルに保護されます。その際、街の人々から、テレビで『オルゴール』と言っていた変な爺さん、と言われています。実は『オルゴール』に封印された勇者『タピオン』を復活させるために、悟飯たちを利用するために目立つ演技をしていただけでした。

地球に危機が迫っており、勇者タピオンを復活させないと地球が滅びるといい、悟空たちにドラゴンボールを探させ、神龍を呼び出させます。望み通りタピオンは見事復活を果たしたがホイは怪しい行動をします。徐々にホイは本性を見せていきますが、過去に関わりのあるタピオン以外は全く気付きません。

タピオン復活して数日後、タピオンの笛を盗もうと試みるが、トランクスによって失敗に終わります。実は1000年前ににタピオンの出身の星であるコナッツ星で、どこからか流れ着いた魔導士たちが幻魔人ヒルデガーンを生み出し、災いをもたらしました。その魔導師の一人がホイであり、唯一の生き残りです。

ホイの真の目的は全宇宙を我ものにするために、上半身と下半身に分けて封印されたヒルデガーンを復活させることでした。タピオンの隙をついて奇妙な魔術を使い、見事にヒルデガーンの完全体を復活させることに成功しました。

ヒルデガーンの強大な力をうまく制御し操れましたが、ゴテンクスの攻撃により殻を破りさらなる進化を遂げました。最強となったヒルデガーンに悟空ですら歯が立たなかったがタピオンの笛の効果によって封印されます。

しかしその力はあまりにも強大でありタピオンの身体も長くは持たず、再び復活します。喜んだのも束の間、ホイはヒルデガーンによって踏み潰されあっけなく死亡しました。

名前の由来は『ホイコーロー』から。

ホイの必殺技

【ドラゴンボール】ホイ、邪悪な魔導師、ヒーローズでの活躍。

©バードスタジオ/集英社

本作では、幻魔人ヒルデガーンを操る以外に技を見せることはありませんが、ドラゴンボールヒーローズで活躍します。

ホイ自体に火力があるわけではありませんが、アタッカーにすると『邪な魔導士』を使い、「敵のサポーターの数×2000」程、敵全員のパワーとガードをダウンさせます。永続的に続き、毎回使えるので、味方としては心強いですが敵であると厄介です。

敵チームの弱体化を目的としたカードなので、ホイを使うなら火力の高いメンバーを入れるのがオススメです。敵チームとして現れた際は、バトルが長引かないように注意した方が良さそうです。

ホイの声優

【ドラゴンボール】ホイ、邪悪な魔導師、ヒーローズでの活躍。

©バードスタジオ/集英社

ホイの声優は、松田重治さんが担当されています。広島県出身で、アクターズハウス佐野屋本店に所属しています。ポンキッキシリーズのムック役やウルトラマンセブン役で有名です。俳優としても活動経験があり、声優やナレーター業の他に、ワークショップを開きお芝居の講師も行っています。

ルパン三世 カリオストロの城や、キン肉マンなど数々の有名作品にも出演しています。主演を演じることは少ないものの、テレビ番組のナレーションやCMクロネコヤマトなどで子供の頃から聞いたことのある声、と思った人は多いのではないでしょうか。

低めの特徴的な声で耳に馴染みやすく、長年愛されています。

ホイの名シーン・名言

【ドラゴンボール】ホイ、邪悪な魔導師、ヒーローズでの活躍。

©バードスタジオ/集英社

「もっと早く助けんか!死んだらどうするんじゃ!」

ホイが飛び降り自殺をはかり、グレートサイヤマンに放った言葉です。本当に飛び降りかねない演技力の溢れた台詞を叫び、ビーデルに「じゃあ飛び降りたらいいじゃない」という言葉に対抗して本当に飛び降りたことも感服します。

自殺自体が演技だったため、この台詞を悟飯に言ったわけですが、あんなに「死にたい死にたい」と叫んだ後のこの台詞には、とても悪役とは思えないユニークさを感じます。

その後もなかなか興味を示さなかったビーデルを言いくるめたのですから口のうまさと演技力は一流だったと言えます。

ホイの強さ

【ドラゴンボール】ホイ、邪悪な魔導師、ヒーローズでの活躍。

©バードスタジオ/集英社

ホイは戦闘力がとても低く、本作でも戦うことはありません。それだけを見ると、一見かなり弱そうに思えますが、魔人ブゥ以上の力を持っている幻魔人を1000年も昔に作り上げたのですからビビディやバビディ以上の魔力を持っていることは事実です。本作でも、とても強い力の持った魔導師と語られています。