【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

【NARUTO】には様々な忍が存在し、その中でも平和を求めている忍は多数いました。

その中でも、うちはシスイは平和のために尽力し、平和のために散っていった忍と言っても良いでしょう。

また、その生き様はうちはイタチにも受け継がれ、イタチに大きな影響を与えた人物です。

今回は、うちはシスイについて解説していきます。

生き様や性格、イタチとの関係まで解説します。

うちはシスイの基本情報

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

うちはシスイの特徴

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

うちはシスイは苗字の通り、うちは一族の忍です。

「瞬身のシスイ」という通り名があり、他の里でも有名でした。

霧隠れの青や、雲隠れのキラー・ビーもその名前を知っており、全国的に有名だったことがわかります。

身体的特徴としては、うちは一族であるために写輪眼を両目に宿しており、作中でも度々シスイの眼の話が出てきます。

また、背中に刀を背負っています。

シスイはうちはカガミの子孫であることが明かされています。

カガミは二代目火影の扉間時代の忍者であり、世代を考えるとシスイの祖父にあたる人物だと考えられています。

その他の血縁関係は不明ですが、妻や子が登場していないことからも、結婚はしていなかったと考えられます。

両親についても不明ですが、うちは一族はサスケしか残っていないので(BORUTOではサラダがいる)、両親も第一部開始時点では既に故人だと言えます。

うちはシスイの来歴

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

シスイは第三次忍界大戦の最中に下忍になり、任務中に親友を目の前で失ってしまった悲しみから、万華鏡写輪眼を開眼しています。

その後は長期の任務を言い渡され、霧隠れの忍と交戦しますが、シスイと知った瞬間に、敵は撤退してしまいます。

その後はイタチの動きが怪しいことに疑問を持った警務部隊から、イタチの監視役を命じられています。

九尾来襲が起きた時には、うちは一族と里の関係が悪化してしあい、うちは一族はクーデターを画策。

クーデターを止めようとイタチと共に手を打ちますが、クーデターが勃発一歩手前まで来てしまい、いよいよ自分の能力でクーデターを止めようと画策します。

ところが、決行直前に志村ダンゾウの襲撃に遭い、右目を奪われてしまいます。

満身創痍のシスイは、イタチに自分の左目を渡し、イタチの前で自殺してしまいました。

イタチはこれがきっかけとなり、万華鏡写輪眼を開眼しています。

イタチとの関係

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

同じ一族のうちはイタチとは、イタチのアカデミー在籍時から親友同士であり、互いに平和について語っています。

色々と苦悩の絶えないイタチにとって、シスイは「わかり合える友」であり、二人でうちは一族のクーデターを防ごうと手を打っています。

死の直前にはイタチに自分の眼を渡し、イタチの前で自殺。

イタチの万華鏡写輪眼開眼のきっかけとなり、イタチはこの後に里を守るために、一族をサスケを除いて全滅させています。

お互いに里の安寧を願っていた人物で、里のために皆がいるという考え方を持っていました。

うちはシスイの強さ

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

シスイはうちは一族の中でも希少な「万華鏡写輪眼」の開眼者であり、その強さもうちは一族の中でもトップクラス。

彼の万華鏡写輪眼に宿った能力は非常に強力で、ダンゾウやイタチが使用しています。

・別天神

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

数ある幻術の中でも最強幻術と言われる術で、相手の脳内に直接働きかけ、かかった者は全く気が付かないという能力。

これを使えば、うちは一族のクーデターを止められるとシスイは豪語していました。

しかし、一度使うと十数年使用できないというデメリットを持ち、乱発できないのが欠点。

イタチはナルトにこの術を仕込み、サスケを止めさせようとしましたが、第四次忍界大戦で不本意な形で自分にかかってしまい、イタチは穢土転生を解除しました。

・瞬身の術

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

瞬身のシスイの名の通り、シスイの得意忍術。

自分を別の場所に飛ばす術ですが、シスイのそれは感知タイプの忍でさえ反応が遅れてしまうほど。

これによって、ダンゾウの襲撃から退避しています。

うちはシスイの名シーン・名台詞

「頼めるのは親友のお前だけだ」

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自分の死期を悟ったシスイが、自分の眼をイタチに渡す際のセリフ。

里のためにこの力を使って欲しいと願うシスイは、同じ思いを持つイタチに後を託しました。

うちは一族のクーデターは、シスイの思惑とは異なる方法で防げましたが、イタチの穢土転生を止めたことから、「里のために力を使う」という目的は果たせたと考えます。

「止めるなよイタチ。俺の友ならば」

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

シスイが自殺する際の最後のシーン。

全てを友に託し、自分は狙われることを恐れ命を絶つ。

それだけイタチのことを信用した証拠となるセリフです。

里のために生き、里のために死んだ英雄

【NARUTO】うちはシスイの万華鏡写輪眼の強さは?声優や誕生日を紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

シスイは里の平和のためにクーデターを止めようとしましたが、その強すぎる力故にダンゾウに狙われ、その命を落としてしまいます。

しかし、里の平和という願いは、イタチからナルトへと託されていきました。