【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

【NARUTO】の山中いのいちは、作中では出番がそこまであるわけではありませんが、要所要所で存在感を発揮した忍です。

山中いのいちは作中で故人となってしまいましたが、山中いのいちはどのように生きた忍なのでしょうか。

今回は山中いのいちについて解説していきます!

その強さや来歴についてご紹介します。

山中いのいちの基本情報

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

山中いのいちの特徴

 

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

山中いのいちは山中一族の忍で、山中いのの父親にあたる人物。

また、「花・やまなか」の店主でもあり、花屋を経営しています。

先代の猪鹿蝶トリオの「猪」にあたる人物でもあり、猪鹿蝶トリオは代々山中、秋道、奈良の三つの家系が受け継いでいるとのことでした。

つまり、秋道チョウジの父である秋道チョウザ奈良シカマルの父である奈良シカクと猪鹿蝶トリオを組んでいたことになります。

彼らの子供であるチョウジ、シカマルも猪鹿蝶トリオを結成しています。

娘のいのは結婚していのじんを産んでいますが、残念ながら娘の晴れ舞台を見る前に亡くなってしまいました。

しかし、いのじんから見れば祖父にあたる人物とも言えます。

山中いのいちの来歴

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

山中いのいちは木ノ葉崩し編で初登場。

チョウザやシカクと共に音隠れと砂隠れの忍と戦闘しています。

この時は久々の猪鹿蝶という発言しているので、しばらくは三人バラバラで行動していたことが伺えます。

その後は大きな出番がなく、第二部のペイン襲撃編で登場。

自来也が持ってきた雨隠れの忍の精神に入り、ペインの死体が雨隠れにあるという情報を抜き取っています。

第四次忍界大戦ではシカクの作戦を伝える伝達役として本部に待機。

ところが、十尾の尾獣玉を本部に向かって撃たれてしまい、十尾の対抗策といのへの伝言を伝えた後、シカク達と共に亡くなってしまいました。

山中いのいちの声優

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

山中いのいちの声優は、中村大樹(なかむらだいき)さんです。

中村さんは1962年生まれの大ベテランの声優さんです。

現在は81プロデュースに所属しており、主な代表作には「横山光輝三国志(劉備玄徳役)」、「勇者特急マイトガイン(ガイン役)」、「でんぢゃらすじーさん(じーさん役)」があります。

声優学校の講師も務めている方で、活動の幅が広い方とも言えます。

山中いのいちの強さ

 

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

山中いのいちの強さは直接的な戦闘力ではなく、情報を仕入れる能力。

山中いのいちは後方支援の能力に秀でており、情報を仕入れてシカクと共有し、作戦を立てていたと考えられます。

参謀として優秀なシカクでさえ、情報がなければ作戦を立てられません。

実際の戦闘でも、基本は情報収集から始まり、得た情報を元にして作戦を立て、実際に行動に移すことで戦闘を有利に進めることができます。

山中いのいちの役割は、心転身の術系統の術で敵地に潜入し、敵の情報を仕入れることになるでしょう。

山中いのいちは決して目立たないポジションにいますが、その役割はとても重要なポジションだったと言えるでしょう。

・心転身の術

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

山中一族の得意忍術。

敵の精神に入り、自由に敵を操る術となります。

ただし、潜入時間は極端に短く、発動中は自分が無防備になってしまうというリスクがあり、メリットだけの術ではありません。

・心伝身の術

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!
『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相手に自分の言葉を伝えるテレパシーのような術。

娘のいのも使用できますが、山中いのいちはこの術の適性があまりなかったのか、機器を繋げても20秒が限界でした。

相当に術者のダメージがある術で、山中いのいちは術の使用後は血を出す等のダメージを負っています。

山中いのいちの名シーン・名セリフ

「シカマルとチョウジ、どちらと付き合うつもりだ?」

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

アニメでいのにかけたセリフ。

チョウジやシカマル達と異なり、あまり親子関係が見られない山中いのいちといのですが、アニメではしっかりとした親子関係が描かれています。

娘の将来を気にし、あまり男性の気配のないいのを心配した時のセリフです。

山中いのいちはシカマルとチョウジのどちらかと付き合うビジョンが見えていたようですが、実際のいのはシカマルとチョウジのどちらでもなく、サイと結婚し、いのじんを授かりました。

「オレ達はいつもお前の心の中に居る、忘れんなよ!」

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

山中いのいちの最後の言葉。

第四次忍界大戦中、自分の最後を悟った山中いのいちは、自らの最期の言葉をいのに伝えました。

自分はいつも心の中にあると娘を励まして、最後まで娘を信じていました。

戦闘では非常に重要な役割を果たしていた山中いのいち

【NARUTO】山中いのいちの来歴に迫る!強さや強さについても解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

山中いのいちはその能力を活かし、戦闘に必要な情報収集を行う任務に就いていたと考えられます。

情報収集は戦闘で重要な立ち位置を占めていますので、戦闘ではとても重宝されたと思います。

アニメでは親子関係も描かれており、より人間らしい山中いのいちが見られますね!