【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

【NARUTO】の主人公、うずまきナルトの師匠には何人かいますが、その中でも最も影響のあった人物が、自来也でした。

自来也はその強さもさることながら、ナルトの師匠としても存在感を見せたキャラクターです。

今回は、自来也の来歴や人間関係、その強さについて解説します。

自来也の基本情報

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自来也の特徴

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自来也はい長髪が特徴です。

また、額には油の文字が書かれている額当てを装着しています。自来也は同期の綱手大蛇丸と同じように伝説の三忍と呼ばれ、全国に名前が知れて渡っています。

自来也は忍としての活躍としても知れ渡っていますが、作家としても知れ渡っており、数多くの著作を残しています。特に、「イチャイチャシリーズ」は名作と謳われており、カカシの愛読書となっています。

自来也はスケベな一面もあり、ナルトからは「エロ仙人」と呼ばれています。

自来也の来歴

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自来也はまだ二代目火影の頃、三代目火影になる猿飛ヒルゼンの弟子になり、綱手や大蛇丸と同期になりました。この頃、女性にモテたいという動機から口寄せを覚え始め、大ガマ仙人の元に迷い込んでしまいます。

そして、大ガマ仙人から「この先自来也には弟子が出来、その弟子は忍の世界に変革をもたらす存在になる。その弟子は自来也の選択によって破滅か平穏のどちらかになる」と予言されます。

また、「世界を旅して本を書けば、選択を間違えない」とも言われ、本を執筆することになります。

その後は第二次忍界大戦に参加し、戦争末期のは雨隠れの半蔵によって、三忍よ呼ばれるようになります。終戦直後には長門、弥彦、小南の3人を弟子に加え、長門が予言の子だと思い始め、彼らに教育を施します。

その後は中忍試験選抜時に里に帰還。ナルトを弟子に取り、修行の最中にうちはイタチと干柿鬼鮫と交戦し退けることに成功します。

その後、綱手と共に大蛇丸と戦いますが、決着は付かず、大蛇丸は撤退しています。

第二部では雨隠れに潜入し、ペインと交戦。ペインがかつての弟子である長門だと思い、善戦しながらも、6体もいるペインの前に力尽きてしまいます。その後はペインに関するメッセージを残して、海の中で沈んで行ってしまいました。

自来也の人間関係

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自来也は師匠に猿飛ヒルゼン、同期に綱手、大蛇丸がいます。

自来也の特筆するべき部分は弟子の多さであり、長門、弥彦、小南、波風ミナト、ナルトと名前の知れた面々がいます。この他にも、ミナトの弟子にあたるカカシ、オビト、リンは孫弟子に当たるため、人間関係が多いことも特徴です。

特にナルトとは非常に縁が深く、弟子でありながらも弟子のミナトの息子であり、ナルトという名前の名付け親でもあり、自来也が殉職した際は立ち直るのに時間がかかってしまいました。

ナルトにとっては初めての「師匠の死」を経験させた人物でもあり、同じく師匠を亡くしたシカマルに諭されていました。

自来也の強さ

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自来也は三忍と呼ばれるほどですから、その強さはかなりのもの。

イタチと鬼鮫と交戦した際は、イタチをもってしても「良くて相打ち」と言っていることからも、その実力の高さが伺えます。

自来也の欠点は、幻術が不得意であるという事。

使用する技も幻術の技がほとんどありません。

・火遁、蝦蟇油炎弾

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ガマブン太を口寄せし、ガマブン太に油を吐かせ、自分は火遁で油に点火する術。

自来也が使用する技の中でも極めて威力が高い術であります。

・螺旋丸

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

元々は弟子のミナトが考案した術で、自来也も使用しています。

この技はナルトに受け継がれ、師匠の孫の木ノ葉丸やナルトの息子のボルトにも受け継がれています。

ナルトにとっては主力の技になり、その後のナルトを支えた術でもあります。

・土遁、黄泉沼

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

地面にチャクラを流し、底なし沼に変えて敵を沈める術。

大蛇丸戦で使用し、大蛇丸が口寄せしたマンダを沈めようとしますが、チャクラが足りなかったのか、完全に沈めることはできませんでした。

自来也の名シーン・名台詞

「忍の才能で一番大切なものは、持ってる術の数なんかじゃねぇ…あきらめねぇド根性だ!」

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

大蛇丸戦にて、忍の才能は扱える術の数で決まると豪語する大蛇丸に対して発言したセリフ。

忍び耐える者が忍者だという考えを貫き通し、その考えは弟子のナルトにもしっかりと受け継がれました。

「最終章、井の中の蛙大海で散る…の巻か」

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自来也が最後、海の中で散る際のセリフ。

自来也豪傑物語と称した自分の人生は、満足そうに笑って散っていきました。

弟子に全てを託したことで、自分のやるべきことはやりきったということでしょうか。

師匠としてすべてを成し遂げた自来也

【NARUTO】自来也は死に際もかっこいい!綱手との関係は?声優や術についても紹介!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自来也は師匠として、ナルトに全てを託して、海に散っています。

その卓越した指導力で、数多くの弟子を産んだ自来也の生き様は、ファンの方の心に焼き付けられることでしょう。