【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

【NARUTO】の世界では様々な忍がいますが、波風ミナトは男女問わずに人気の忍です。

端正な顔立ちやその生き様が、読者の心を打っています。

また、ミナトは忍としての能力に優れ、多彩な人間関係を作っています。

今回は波風ミナトについて、徹底的に解説していきます。

波風ミナトの基本情報

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

波風ミナトの特徴

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

波風ミナトは、木ノ葉の里の四代目火影です。

三代目火影・ヒルゼンの後を継ぎ、火影して里を支えました。

在任期間は長くなく、彼の死後はまた三代目火影・ヒルゼンが火影になっており、第一部開始時点で故人となっています。

身体的な特徴は、黄色い髪に蒼い目と整った顔立ちであり、特に女性からの人気が高いのが特徴です。

能力の特徴は、全忍の中でも最速と謳われるほどの移動速度。

あまりの速度とその特徴から、「木ノ葉の黄色い閃光」と呼ばれています。

ミナトは様々な人物と関係のある人物で、ナルトの父、クシナの夫、自来也の弟子、カカシの師という立場の人物です。

これだけポジティブなイメージを持ちがちなミナトですが、欠点はネーミングセンスの無さ。

「螺旋閃光超輪舞孔参式」等長い名前の術を考案することが多く、他の忍からはそのセンスはドン引きされています。

波風ミナトの人間関係

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ミナトは主人公ナルトの父親で、うずまきクシナを妻に持ちます。

また、三忍の一人・自来也の弟子であり、はたけカカシうちはオビトのはらリンの師匠でもあります。

自来也は三代目火影・ヒルゼンの弟子であるために、ヒルゼンにとってミナトは後継者であり、孫弟子にあたる人物となります。

また、息子のナルトは自来也の弟子、かつカカシの弟子でもありますので、息子でありながら自来也の孫弟子でもあり、自分の弟弟子でもあります。

自来也の弟子には長門もいますが、長門とは兄弟弟子の関係にあたります。

波風ミナトの来歴

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ミナトは10歳の時にアカデミーを卒業し、14歳の時に妻のクシナを助けたことから、二人の仲は急接近していきます。

その後は上忍になり、カカシ、オビト、リンの3人を担当することになります。

第三次忍界大戦時に起きた神無毘橋の戦いでは、カカシ達が窮地に陥ってしまいますが、ミナトは別の部隊を追いかけていたために救出に遅れ、結果としてオビトを失ってしまいます。

その後は三代目火影・ヒルゼンが引退したために四代目火影となります。

この時にリンまで失ってしまい、1人になったカカシを直属の暗部に指名しています。

第一部開始前に起きた九尾襲来事件では里長として仮面の男と立ち向かい、屍鬼封尽を発動して九尾をナルトに封印して息を引き取ります。

その後はペイン襲撃の際に九尾化しそうになったナルトの前に精神体として表れ、ナルトの九尾化を防いでいます。

第四次忍界大戦では大蛇丸によって穢土転生され、オビトやマダラを戦います。

その後はナルトの誕生日を祝い、昇天していきました。

ミナトの強さ

ミナトの特徴は何と言っても、その速さ。

マーキングをしたクナイを使い、戦場を飛び回ります。

・飛雷神の術

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ミナトの代表的な技で、マーキングを施したクナイを使い、その場所に飛ぶ時空間忍術。

このマーキングは相手の身体にも付けることが可能で、敵の背後を取れる優れた忍術です。

攻撃だけではなく、回避にも使える術です。

・螺旋丸

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ナルトのメインウェポンですが、この術を開発したのはミナトであり、ミナトも螺旋丸を使用しています。

ミナトの場合は、高速で動き回りながら高威力の螺旋丸を打てるので、ナルトのようなバリエーションで攻撃する方法とは異なります。

・屍鬼封尽

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

自分の魂と引き換えに、相手を封印する術です。

どんな忍であっても封印されてしまうので、ミナトは九尾をチャクラを封印するのに使用しました。

波風ミナトの名シーン・名セリフ

「この子を信じよう!なんたってオレたちの息子なんだから‼」

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

九尾を封印する際、クシナにかけたセリフです。

九尾の封印先に自分の息子を選び、またやってくるであろう仮面の男に対抗できる未来を切り開いてくれると信じた時のミナトのセリフです。

ナルトはこの結果、波乱万丈の人生を歩むことになりますが、結果として英雄として里を守ることになりました。

「誕生日おめでとう。本当に立派になったね、ナルト」

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

第四次忍界大戦が終結した日は、奇しくもナルトの誕生日でした。

ナルトが産まれて以降、一度もかけることのできなかった言葉で、自分の息子の成長を見ることのできなかったミナト。

穢土転生が解除されて昇天する前に、最後の最後でミナトは息子の誕生日を初めて祝えたのでした。

里のために尽くし、息子のために尽くした男

【NARUTO】波風ミナトが強すぎでかっこいい!血筋や年齢、術、技を紹介

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

ミナトは里を救うために自分の命を懸け、自分の息子のために九尾を封印した男です。

忍としても、火影としても、父親としても、立派な忍者だったのが、波風ミナトなのでしょう。

その立派な生き様が、読者の人気を引き付けているのではないでしょうか。