【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

長門とは、漫画【NARUTO】に登場するキャラクターの一人です。暁のリーダーとしてナルト達の前に立ちはだかる敵として圧倒的強さを誇っていた長門ですが、彼はどのような人物なのでしょうか。

輪廻眼開眼の謎、その能力について解説するとともに、赤い髪をしていることからうずまき一族との関係性などについても解説していきたいと思います。

長門の基本情報

【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

長門の特徴

外見的特徴

長門はうずまき一族に特徴的な赤毛をしており、前髪は右目が隠れるほどの長さです。すらっとした体形に、色で一見体の弱そうなイメージがある青年です。

親友である弥彦が死亡した後に外道魔像を口寄せしてからは、エネルギーの消耗が激しいようであばらが浮くほどにガリガリに痩せてしまっています。

瞳は輪廻眼を開眼しているため、眼球は波紋状の模様をしています。弥彦・小南の三人で暁を結成してからは、暁の象徴である黒地に赤い雲が描かれた衣服を身にまとっています。

内面的特徴

普段は穏やかで温厚な性格で、周囲の人間や動物を大切にしている心優しい性格をしています。しかし、大切な人間が傷つけられると激昂し我を忘れて相手を殺害してしまう激しい一面もあります。

忍としての素質はかなり高い長門ですが、幼少期はきっかけがないと能力を発揮することが出来ませんでした。

しかし、自分のことよりも身近な人間や動物を大切にする性格から、次第に実力をつけていき、暁の主戦力になるほどの実力を身に着けるに至っています。

長門とうずまき一族の関係性

【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

長門は千手一族の遠縁であるうずまき一族の血が入っていると考えられます。うずまき一族に特徴的な赤毛もその理由の一つと考えられますが、他にもうずまき一族であることが伺える会話があります。

それはトビによって語られており、うちはマダラは「うずまき一族は強い生命力を持っており、千手一族の遠縁。だから長門に輪廻眼を与えた。」ということでした。

このことから、長門はうずまき一族であり、赤い髪の毛はうずまき一族特有のものであるということが判明しました。

輪廻眼開眼の謎

【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

長門の両親は医者であったということしか判明しておらず、忍としての素質や家系的な瞳術や血継限界などについては全く分かっていません。

しかし、長門には幼少期より大人の忍を殺傷するほどの能力を有しており、両親が殺害されたときには輪廻眼を開眼しています。

これは前述したとおり、うちはマダラにより輪廻眼を移植されていたためであると判明しています。うちはマダラは死の直前に輪廻眼を開眼しており、それを長門へ移植。

もともと開眼した目を移植していたため、本来の意味合いとしては長門本人が開眼したというわけではなく、両親の死がきっかけとなって輪廻眼を使えるようになったということになります。

その輪廻眼を長門が使い、外道魔像の口寄せやペイン六道を操っていたということだったのです。

長門の能力

【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

長門の能力は輪廻眼によるものがほとんどで、三大瞳術の一つです。輪廻眼は「忍の始祖」である六道仙人が使用していたもので、輪廻眼による術を「六道の術」といいます。

この六道の術は、仏教の六道に由来するもので、仏教では天道・人間道・修羅道・畜生道・餓鬼道・地獄道が存在し、【NARUTO】の六道の術にはこれに加えて外道が追加されています。

六道の術・外道

ペイン六道・地獄道の対となる能力であり、生きている人間にしか使用することが不可能であるため、他の死者であるペイン六道による使用ではなく、長門本人が使用する能力となります。

六道の術・外道には「外道の術」、「口寄せ・外道魔像」、「外道・輪廻転生の術」の三つの術が存在しています。

「外道の術」

術者のチャクラを受信することが出来る黒い棒を生成し、口寄せした対象や六道の術で改良された遺体などを操ることが出来ます。ただし、意思のある人間などは行動制限にとどまります。

また、対象と術者の距離が強いほど術者のチャクラをより強く受信することが出来るため、距離が近いほどより強力にコントロールすることが可能です。

「口寄せ・外道魔像」

十尾の抜け殻を口寄せしたものであるため高い戦闘力を持ち、戦闘以外でも十尾から分かれた尾獣たちを封印するための入れ物として使用されています。

また、十尾の抜け殻である外道魔像の口寄せにはかなりのエネルギーを消耗するようで、長門は痩せこけて自身で歩くこともままならない状態にまで弱ってしまっています。

「外道・輪廻転生の術」

大蛇丸薬師カブトの使用する「穢土転生」とは違い、死亡した者を完全に蘇らせることが出来る術で、肉体は元通り生前の状態で復活します。

この術は長門がナルトとの会話で考えを改めたことにより、自身が木ノ葉隠れの里を攻撃した際に犠牲となった人々を全員復活させるために用いた術で、この術の負荷により長門は死亡しています。

この術には膨大なチャクラを使用するため、生き返らせることが出来る人数は術者のチャクラ量に依存するようです。また、死亡してからの期間によっても生き返らせることが可能かどうか違うようです。

六道の術・天道

長門の親友であった弥彦の遺体を利用しているペインの一人。長門の思い入れがあるせいか、このペイン天道が一番登場が多いようです。

天道はかつて六道仙人が使用していた「神羅天征」、「万象天引」、「地爆天星」など引力をつかさどる術を使用します。

六道の術・人間道

対象の頭部に手をかざすことで記憶を読み取り、記憶の解析が完了した後に魂を抜き取り死に至らしめるという恐ろしい術を使用します。

その解析スピードはかなり速く、ペイン六道随一の情報収集能力を有しています。

六道の術・修羅道

身体が傀儡となっており、腕が6本存在します。体の至ることろに武器が仕込まれており、それに加えて武器を口寄せして戦う戦闘スタイルです。

六道の術・畜生道

ペインの中で唯一の女性の個体です。「口寄せ」を得意としており、他のペインたちを口寄せして集結させるほか、畜生道という名前なだけあって動物を口寄せすることが多いです。

六道の術・餓鬼道

「封術吸印」という相手の忍術(体術などの物理攻撃以外)を吸収して無効化する術を使用します。しかし、相手の術が膨大であると吸収しすぎることで大きく影響されるようです。

そのため、仙人モードの主人公ナルトと戦闘した際には、仙術チャクラの過剰吸収によって蛙へと変貌し、石化してしまいました。

六道の術・地獄道

戦闘対象を鷲掴みにした状態で質問を投げかけ、その質問に嘘をつくと魂を抜き取られて死亡するという恐ろしい術を使用します。

この術を使用する際に地獄道につかまれた対象は閻魔??が見えるようになり、抜き取られた魂はその閻魔らしきものの中に保管されます。

長門の声優

長門の声優は青年期を森田順平さん、幼少期は前野智昭さんという声優が担当しています。今回はメインで担当されている森田順平さんについてご紹介したいと思います。

森田順平さんは実は声優だけではなく俳優としても活躍されている方で、NHKの大河ドラマではかなりの常連で計11の大河に出演されている大ベテランの俳優さんです。

他にも『3年B組金八先生』や『太陽にほえろ!』シリーズ、『HERO』、『半沢直樹』など有名作品に数多く出演されています。

声優でも幅広く活躍しており、海外作品の吹き替えを多く担当されています。アニメでは『クレヨンしんちゃん』のふたば幼稚園の園長先生の声も担当している実力派の声優さんです。

長門の名言・名シーン

暁のリーダーであり輪廻眼の開眼者であることから、物語の重要人物である長門は数々の名言や名シーンが存在しています。今回はその中から厳選したものをご紹介したいと思います。

最も崇高とされる輪廻眼!!

【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

長門は両親の死や弥彦が危険にさらされたことがきっかけとなり、故意的ではありませんが輪廻眼を発動しています。

二度目となる輪廻眼の発動で初めて輪廻眼の開眼が他人(自来也)に認知され、これをきっかけに自身も輪廻眼の開眼を認識するに至ります。

それがこの場面になります。幼くろくに修業したことのない少年が一瞬のうちに大人の忍を殺害したという衝撃のシーンでした。

ナルトへ思いを託した外道・輪廻転生の術

【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

上記に記載したとおり、長門は輪廻眼により外道の術を使用することが可能で、その術の能力の一つが「外道・輪廻転生の術」です。

長門は外道魔像を口寄せしたことにより、エネルギーを大量に消費しており、それにより体はボロボロの状態となっています。

長門はナルトとの対話により夢をナルトに託し、自身が殺害した木ノ葉隠れの人々を蘇生することにします。

しかし、この術を使用するにはかなりのチャクラを消費するため、術の使用は長門の死を意味していました。長門は自身の命を賭してナルトへと夢を託し、死亡してしまいました。

穢土転生によって復活した長門

【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

第四次忍界大戦では、薬師カブトにより大量に優秀な忍達が穢土転生により復活を果たしており、長門もその一人でした。

長門はイタチと行動を共にしており、ナルトと再会を果たしますが、薬師カブトにより操られてしまいます。生前と違い、長門本人にチャクラを集中しての戦闘によりかなりの戦闘力を有していました。

薬師カブトのコントロールから抜け出したイタチにより、何とかナルト達は長門に勝利し、自身の想いをナルトに伝えて封印されました。

ナルトへ夢を託し、人生を終えた長門

【NARUTO】長門とうずまき一族の関係は?輪廻眼開眼の謎や能力を解説!

『NARUTO -ナルト-』(C)岸本斉史/集英社

痩せこけてボロボロになっても実現しようとした夢を自身の手で叶えることはできませんでしたが、弟で死であるナルトへすべての想いを託した長門。

暁という犯罪者集団のリーダーとして圧倒的な力でナルト達に立ちふさがった長門は、実は誰よりも平和を愛し、友を大切にしていた青年でした。

死亡してしまったものの、その想いは失せることなく次世代受け継がれています。