【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

サンジは、ゾロ、ナミ、ウソップに続く、麦わらの一味四人目の仲間です。

初期メンバーの一人として広く認知され、ルックスだけでなく男気溢れる優しい性格や、高い戦闘能力で読者から人気を集めています。料理人として仲間に入りましたが、戦闘能力は他の能力者にも引けを取りません。女性に弱いという弱点はありますが、船の規律を守るためにけじめをはっきりと付けることのできる、麦わらの一味に欠かせない一員です。

今回は、サンジの基本情報や声優に加え、名言・名シーンをご紹介します。

サンジの基本情報

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

サンジの特徴

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

金髪に垂れ目、渦巻き形の眉毛とくわえタバコが特徴です。登場時からシャボンディ諸島で仲間たちと離れるまでは、金髪で左目を隠している髪型でしたが、2年後に再登場した際は前髪の分け目が逆になっていました。それにより、眉の渦巻き部分について、右は眉尻側、左は眉頭側が渦巻きになっているなど新たな特徴が発覚しました。

登場時から一貫して黒のスーツ姿で、ジャケットを脱いだりアロハシャツを着ていたりしていても、基本的にはフォーマルな服装で統一しています。足技を繰り広げるため、常に革靴を履いているのも特徴です。

サンジの性格

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

料理人としてのプライドを持ち、男気溢れる性格をしています。たとえ相手が悪人であっても、食べたい人には食べさせてやることを信条にする一方で、食べ物を粗末に扱ったり馬鹿にしたりする者は許しません。

また、女性にめっぽう弱いのも特徴です。ナミやロビンをはじめ、美女とみるとすぐさま目をハートにして、浮ついた軟派なふるまいを見せます。しかしただ女性に甘いだけではなく、「女性は絶対に蹴らない」「女の涙は疑わない」など、一本気で紳士的な態度を貫いています。

非常に仲間思いで、仲間のために身を挺して戦闘する様子もよく描かれています。また、言動の裏に隠された心情をおもんぱかることにも長けており、ウォーターセブンでルフィとウソップが決別しそうになった際には、二人の意地とプライドを尊重しながらも船員としてのけじめを守るよう努めました。

サンジの能力

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

サンジは悪魔の実の能力者ではなく、自らの身体能力のみで敵と戦います。料理人として手を傷つけないよう、強靭な脚力をいかした足技のみで攻撃します。

料理名を織り込んだ技名が多く、「首肉(コリエ)シュート」「三級挽き肉(トロワジェムアッシ)」など、特定の部位を狙った蹴り技を基本攻撃として用います。エニエス・ロビー編以降は、「悪魔風脚(ディアブルジャンブ)」という足を回転による摩擦で発熱させ、攻撃するという戦法も編み出しました。

本来はCP9の技術「六式」のひとつである「月歩」も我流で再現しており、空中を蹴ることで宙に浮き飛行さえも可能にしています。また、武装色の覇気、見聞色の覇気も体得しており、特に見聞色の覇気はかなりのレベルの遣い手であるようです。

攻撃力、機動力、察知による回避力に優れた、オールマイティな実力者と言えるでしょう。

サンジの生い立ち

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

本編で長らく明かされていなかったサンジの生い立ちですが、ホールケーキアイランド編でその悲痛な過去が明らかになります。

空島編では「北の海」出身(育ちは「東の海」)であることが明かされていたのですが、その出自はなんと北の海を武力で制圧していたジェルマ王国の王族、ヴィンスモーク家の三男だったのです。ヴィンスモーク家は科学戦闘部隊「ジェルマ66」を組織しており、サンジの父親であるヴィンスモーク・ジャッジが総帥を勤めています。サンジは四つ子のうちの三男であり、他の兄弟たち(姉レイジュ、兄弟イチジ、ニジ、ヨンジ)は皆ジェルマ66の構成員なのでした。

父ジャッジの戦争に掛ける異様な執着により、子供たちは生まれる前に血統因子の研究を活用し、戦闘能力と冷酷性を備えた強化人間となるよう企てられます。しかし母ソラの身を挺した抵抗により、サンジだけが強化されていない普通の子供として、人間らしい心を備えたまま生まれてきたのでした。

強化人間でないサンジは落ちこぼれとして、兄弟たちからいじめられ、父からも愛されない幼少期を過ごします。最終的には、父により存在をなきものとされ、鉄仮面をつけた上監禁されるという悲惨な扱いを受けることとなりました。

サンジの育ての親

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

監禁されていたサンジですが、かろうじて良心を失っていない姉レイジュの協力で、脱出に成功します。亡き母ソラとの思い出により、料理人になりたいと思っていたサンジは、停泊していた客船に乗り込み見習いコックとなったのでした。

客船オービット号はある日、クック海賊団に襲撃されますが、その最中に嵐に見舞われます。サンジはクック海賊団船長ゼフとともに遭難し、食料のない小島で85日を過ごすこととなりました。ゼフは自らの右足を犠牲にしてサンジに食料を分け与え、サンジはゼフから大恩を受けることとなったのでした。

その後、なんとか救助された二人は、ゼフが料理人として開いた船上レストラン「バラティエ」で子弟の関係となります。「女を蹴らない」「食べ物を粗末にしない」などの男として、コックとしての信条は、ゼフから叩き込まれたものだったのです。

サンジの声優

サンジの声優は平田広明さんです。東京都出身の男性声優、舞台俳優で、自らが設立したひらたプロダクションジャパンに所属しています。代表作に「宇宙兄弟」南波六太、「西遊記シリーズ」沙悟浄、「銀魂」寺田辰五郎などがあり、軽いノリの男前な役や、三枚目的な役割を務めることが多いようです。

幼少期を担当したのは大谷育江さんです。マウスプロモーションに所属する女性声優で、ワンピースでは他にチョッパー役を務めています。代表作に「名探偵コナン」円谷光彦、「ポケットモンスター」ピカチュウがあり、高く通る声は少年少女役から動物役まで、幅広くこなすと定評があります。

サンジの名台詞・名シーン

では次に、サンジの名台詞・名シーンをご紹介します。

「……長い間!!!くそお世話になりました!!!」

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

海上レストラン「バラティエ」で料理人として修業を積み、副料理長にまで上り詰めたサンジですが、ひょんなことからルフィたちと出会います。サンジの男気と料理人としての矜持に惹かれたルフィはサンジを仲間に誘いますが、大恩あるゼフのもと「オールブルー」を目指すという二人の夢を叶えたいサンジは、当初その誘いを断ります。

その様子を見ていたゼフと船員コック一同は、わざとサンジが怒るように振る舞い、ルフィたちについていくよう仕向けます。結局その思惑はバレてしまうのですが、険悪な雰囲気で船を去ろうとするサンジに、ゼフは「風邪ひくなよ」とだけ声をかけました。その言葉に堰を切ったように、険悪な雰囲気は一転、サンジは涙ながらに挨拶を述べ船を去るのでした。

サンジがバラティエで過ごしてきた時間や、ゼフのサンジへの想いを感じる文句なしの名シーンでした。

「”決闘”に敗けてその上…同情された男が どれだけ惨めな気持ちになるか 考えろ!!!」

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

ウォーターセブンで、メリー号の処遇についてルフィとウソップが決別しそうになった際は、サンジのけじめをきっぱりとつける男らしい性格がよく表れていました。

意地の張り合いとなってしまった結果、「一味を降りろ」と言いかけたルフィに対し「滅多な事口にするもんじゃねェぞ!!!」と激怒したり、決闘で敗北したウソップを助けようとするチョッパーを引き留めたりするなど、日常とは違う真剣な表情を見せ一味の規律を守りました。

女性に弱く軟派な印象の強いサンジですが、仲間のことを考え組織を守るために行動する、理性的な一面を表すシーンでした。

「なんて……美しい瞳だ…」

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

ホールケーキアイランド編で、ジェルマ66とビッグ・マム海賊団が同盟を結ぶため、サンジはビッグ・マムの娘シャーロット・プリンと政略結婚をさせられそうになりました。

これはジェルマ66を皆殺しにしようとビッグ・マム海賊団が仕掛けた罠だったのですが、その決戦の場となるはずの結婚式場で、サンジはプリンの三つ目の美しさに思わず目を奪われます。実は、プリンの三つ目にひるんだところを銃撃する予定だったのですが、予想外の反応にプリンはその場にくずおれて涙し、作戦が決行できませんでした。実はプリンは、三つ目族の血をひくその姿を幼いころから罵倒され続けており、容貌にひどいコンプレックスを抱えていたのです。

どのような状況でも、女性の心を傷つけることのない、サンジの生来の優しさがよく表れた名シーンでした。

サンジは戦闘力と男気を備えた一流料理人!

【ワンピース】サンジの過去が壮絶!プリンとの結婚話や名言・名シーンを紹介!

『ONE PIECE』(C)尾田 栄一郎/集英社

初期メンバーの中ではその生い立ちが謎に包まれていたサンジでしたが、予想以上に苦難に満ちた半生が明らかになりました。長く抱え続けてきた生みの親との確執が解消され、仲間のもとに戻ってきたサンジは、それまで以上に一味への信頼を強く持つこととなりました。

仲間への想いのみならず、戦闘力、判断力、機動力にも優れたサンジは、麦わらの一味にとって欠かせない人物です。

引き続き主要メンバーとして、物語でも重要な活躍を果たすことが期待できるでしょう。