【NARUTO】風影と砂隠れを支える上忍・バキの優秀さとは!?

「NARUTO」の砂隠れの里のバキは、風影の補佐としての強さを見せる場面がいくつもあります。そんなバキとはどういった人間であるのか、バキがどれ程優秀な人物であるのかなどについて、名台詞や名シーンも踏まえながらご紹介していきます。

バキの基本情報

【NARUTO】風影と砂隠れを支える上忍・バキの優秀さとは!?

バキの特徴

バキは砂隠れの里の上役であると同時に上忍でもあります。顔の左側を布で覆っており、露出した右側には赤い線が2本入っています。基本的に感情の内の喜や楽を顔に出すことはなく、笑いません。

扇子を使って風を操るテマリからは先生と呼ばれており、忍としての師でありました。披露する場面は少ないものの、戦闘能力に関しても優秀な風遁使いであることが分かります。

バキの性格

バキは上忍であるのにふさわしく状況判断能力が非常に高く、指揮能力もあるので現場では即時の速やかな判断ができます。冷静沈着かつクールな性格で冗談を言うことはありません。

1度戦い始めてしまうと好戦的であり、非情な人物でもあります。与えられた任務には忠実な忍であると同時に、口封じの為であれば敵を殺すことを何の躊躇もなくやってのけます。

バキの戦闘

砂隠れの上役として補佐することの方が多いバキにも戦闘する場面がありました。木ノ葉崩しの計画について薬師カブトと密会している所を陰から木の葉の里の特別上忍の月光ハヤテが覗いており、口封じを行う為に戦いました。結果、ハヤテの剣を肩に受け止めたことで負傷はするものの、風遁による実体のない刃でハヤテに致命傷を与え、殺害しました。

中忍選抜試験

バキは中忍選抜試験を受ける我愛羅、テマリ、カンクロウの担当上忍として木ノ葉隠れの里にやって来ました。これはあくまでも表向きの目的で、実際には5里の1つである木の葉の里に戦争を仕掛けることが目的でした。

中忍試験の本戦の我愛羅対サスケ戦の途中で仲間が幻術を観客に使用したことから作戦を開始しました。

木ノ葉崩し

作戦に取り掛かったバキは、サスケとの戦いで消耗した我愛羅の様子を見て、作戦の要となる行動を延期させます。我愛羅の回復の為にテマリとカンクロウに行かせ、足止めにきた木の葉の忍びと対峙します。

その後、敵側に合流したカカシとガイ、味方側に合流したカブトと膠着状態に入るが、大蛇丸が負傷したことで木の葉から手を引きました。

事態の収拾

木ノ葉崩しに失敗した後、砂隠れの里への帰還中に腐敗した4代目風影とその付き人の死体を発見します。中忍選抜試験に訪れていた風影は偽物であり、木の葉の里に来る前に死亡しており、協力した大蛇丸とカブトに嵌められていたことを悟ります。その後は改めて木の葉の里との同盟関係を築くことに尽力します。

第2部でのバキ

第2部では、5代目の風影に就任した我愛羅の部下としてカンクロウやテマリと共に我愛羅を支えます。人柱力である我愛羅が封印された一尾を引き抜こうとする暁のデイダラとの戦いを見守ります。

デイダラに攫われた時には、迅速に指示を出しました。感情任せで我愛羅を追ったカンクロウに対して追跡部隊を編成し、木の葉の里への救援を要請しています。

バキの声優

バキの声優となったのは中田譲治さんです。代表作はアニメでは「ケロロ軍曹」のギロロ伍長、「fate/stay night」シリーズの言峰綺礼があります。声優としては珍しく声優以前に俳優としての活動も多々あり、ヤクザや殺し屋や凶悪犯といった悪役を多く演じました。

バキの名台詞・名シーン

「我愛羅の傷の手当てを!我愛羅のチャクラが回復次第、作戦を再開する」

【NARUTO】風影と砂隠れを支える上忍・バキの優秀さとは!?

中忍試験の本戦にて、サスケとの戦闘で消耗して作戦に支障を与えた我愛羅に怒りを覚えながらも、次の指示を出すバキでした。我愛羅の力ありきの作戦であったからこそバキにとって我愛羅は欠かせない存在でした。

「風影様の殺害後、大蛇丸あるいはカブトが演じていた……迂闊だった……!!」

大蛇丸らと手を組んで木ノ葉崩しに挑みましたが、既に風影は死んでおり、大蛇丸の陰謀に嵌ってしまったことを知り、バキは悔しがります。今後の強大な敵となる大蛇丸が、優秀なバキにとっても恐ろしい存在であることが判明した場面でした。

「一応、我愛羅の暴走も考えに入れておけ。“守鶴”が出てきた時のシナリオも必死だ」

【NARUTO】風影と砂隠れを支える上忍・バキの優秀さとは!?

砂隠れの里の上役を兼ねるバキは、他の上役が知る様に我愛羅に封じられた守鶴の存在について知っていて、我愛羅が暴走した時のことももちろん分かっていました。指揮官として念には念を入れて考える慎重派のタイプなようです。

優秀な指揮官バキ

【NARUTO】風影と砂隠れを支える上忍・バキの優秀さとは!?

冷静な判断を下すことのできるバキも、大蛇丸の策略には抗うことはできませんでした。しかし、どんな時でも指揮官として正しい行動を取り続け、砂隠れの里にとって良い方向へ進むように行動しました。

そして、非情な一面もあるバキにも里長になった我愛羅のことを心配するという人間味もありました。