【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

名探偵コナンで、今最もファンが最も気になっているのは、黒の組織のNo.2ラムが誰であるのか、という事でしょう。

そのラムの正体を推測する上で、注目されているのが羽田浩司という人物です。

今回は、羽田浩司に関して、現在明らかになっている情報もあわせて紹介していきたいと思います。

羽田浩司の基本情報

【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

羽田浩司の特徴

羽田浩司は、資産家の羽田家の御曹司であると同時に、生前「七冠達成に最も近い棋士」として期待されていたプロ棋士でした。

しかし、17年前に趣味の一環としてやっていたチェスの大会出場のために渡米したまま、宿泊先のホテルで何者かに襲われ、帰らぬ人となっています。

羽田浩司を巡る人間関係

羽田浩司とコナンとの直接な関わりはないものの、赤井一家や黒の組織とのつながりがあることもあって、原作では非常に重要な人物として描かれています。

ここでは、羽田浩司を巡る人間関係について、紐解いていきましょう。

赤井秀一

コナンと共に黒の組織の正体を追う、FBIきっての切れ者として知られる赤井秀一ですが、そもそも彼がFBIを志すきっかけになったのが、この羽田浩司殺害事件でした。

【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

この事件の調査のために単身渡米した彼の父、赤井務武が、後に「とんでもない相手を敵に回してしまった」との連絡をしてきたのを最後に、消息不明になってしまったのです。

彼はその後、父の消息を辿って、単身渡米。その後、母メアリー・世良の理解もあって、FBIに加入したという経歴をもっていました。

羽田秀吉

赤井秀一の実弟であり、現在は羽田家の養子でもある羽田秀吉は、羽田浩司の義理の弟にあたります。

【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

17年前までは父の姓である「赤井」を名乗っていましたが、そのあと母からの姓である「世良」、そして高校卒業後に羽田家に養子に入ってからは「羽田」と、姓を2回変えてきています。

羽田浩司は、彼が最も尊敬する棋士でした。

秀吉は、彼の署名と彼の座右の銘である「初志貫徹」の文字が入った扇子を今も大事にしています。

ラム

黒の組織のNo.2であるラムは、性別年齢不詳で、過去の事故で目を負傷し、左右どちらかの目が義眼であること以外、詳しいことは分かっていません。

ただ、羽田浩司殺害事件の現場に残されていたアルファベットから、コナンと赤井秀一は当時、彼を殺害したのはラムではないかとの推測を立てていました。

最終的にはこのダイイングメッセージは、組織のボスである烏丸蓮耶を指したものであると明かされましたが、それでもラムが羽田浩司の殺害に何らかの形で関わっていたことは、ジンの台詞から明かされています。

【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

羽田浩司の登場シーン

羽田浩司は、名前だけだったり、キャラクターたちの回想という形で登場していたりと、各所で登場しています。

代表的なものをご紹介します。

早いうちから張られていた伏線

羽田浩司の名前は、実は灰原哀と同じタイミング(原作18巻)で初登場しています。

APTX4869の被験者一覧の「工藤新一 」の2つ下に、「羽田浩司」と名前が記されていたのです。

後に灰原は、羽田秀吉が恋人の宮本由美に対して、羽田浩司の話をしていたことをきっかけにそのことを思い出します。

【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

死の真相に見え隠れするラムの気配

目暮警部に依頼されて、ある殺人事件の現場を訪れたコナンと阿笠博士沖矢昴に扮した赤井秀一は、その事件が羽田浩司殺害事件と酷似していると言って、同行します。

その被害者が残したダイイングメッセージが、羽田浩司殺害事件の現場に残されていたものと同じタイプのものであることに気づいた二人は、改めてメッセージを解読し、羽田浩司殺害にラムが関わっていると察したのです。

【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

若狭留美の回想でのシーン

「『遠見の角に、好手あり』ってね。それでも僕を、殺すと言うんですか?」

【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

現在唯一、羽田浩司の生前の姿が登場するシーンです。この時、彼が手にしているのが、若狭留美が常にポケットに入れて持ち歩いていたのと同じ将棋の角の駒。

彼女が羽田浩司が殺害される直前、現場にいたことを伺わせるシーンです。

羽田浩司がすべての鍵を握る?

【名探偵コナン】羽田浩司を巡る謎、赤井一家や黒の組織ラムとの関係について考察

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

赤井一家は、羽田浩司殺害事件の調査に関わったことで黒の組織を敵に回し、家族ぐるみで彼らとの戦いに身を投じていくようになりました。

また、ラムではないかとされている黒田兵衛若狭留美は、羽田浩司の事件記録を読み返したり、彼のことを回想したり、と彼と何らかの関わりがあるような描写がされています。

いずれにせよ、羽田浩司殺害事件の真相が明らかになる時は、赤井一家、黒の組織、どちらにとっても物語が大きく動く局面であることだけは間違いないでしょう。

今後の展開が楽しみです。

コナンの映画が今だけ見放題!?

\ 今だけ期間限定!16作品が見放題!/

※無料期間内に解約すれば料金はかかりません