【名探偵コナン】赤井務武の生死はいかに?MI6に所属した男とその家族

コナンと共に黒の組織を追う、赤井一家。

彼らが黒の組織と関わりを持つきっかけとなったのは、ある事件の調査のために渡米し、そのまま消息不明になってしまった、赤井務武の存在でした。

赤井務武に関して、現在明らかになっている情報は少ないものの、赤井一家の言動から、彼の面影を感じられるシーンが数回登場しています。

今回は、そんな赤井務武に焦点を当てていきたいと思います。

赤井務武の基本情報

【名探偵コナン】赤井務武の生死はいかに?MI6に所属した男とその家族

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

赤井務武の特徴

赤井務武は、イギリスの秘密情報部、MI6の職員でした。息子の秀一によると、彼と同じように截拳道を極めていたようです。

17年前、友人の息子でプロ棋士であった羽田浩司が、アメリカで殺害された事件の調査のために渡米したのを最後に、消息不明になっています。

その直前、妻に対して「いいか、この先、私はいないものと思え。どうやら私はとんでもない奴らを敵に回してしまったようだ」というメールを送信していました。

【名探偵コナン】赤井務武の生死はいかに?MI6に所属した男とその家族

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

このことをきっかけに、彼の子供達、赤井秀一、羽田秀吉、世良真純は、母に連れられてイギリスから日本に帰国し、それぞれが違う名字を名乗るようになりました。

赤井務武は生きている?

幼児化した姿で登場しているメアリー・世良ですが、原作の1049話にて、彼女がアポトキシン4869を飲んだ背景が明らかになりました。

ロンドンのヴォクスホールブリッジにて、行方不明になっていた赤井務武と再会した彼女でしたが、それは変装したベルモットでした。ベルモットは死んだ赤井務武に成り代わってMI6に潜入するためには、彼の妻であるメアリーの存在が邪魔なのだ、と告げます。

自身もMI6諜報員であるメアリーが、予め罠である可能性を見越していたため、ベルモットはMI6への潜入こそ出直すものの、彼女を抹殺すべく、アポトキシン4869を飲ませたのです。そのまま川に落ちたメアリーは、運よく身体が幼児化しただけで済み、ホテルで待っていた世良真純のもとへ戻ることができました。

【名探偵コナン】赤井務武の生死はいかに?MI6に所属した男とその家族

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

これまで消息不明になった、と言われていた赤井務武について、初めて生死が語られたシーンです。メアリーは自身の鋭い観察眼から、目の前に現れた夫がベルモットであることを最初から見抜いており、既に赤井務武が亡くなっていることを覚悟したようでした。

しかし、実際には彼の遺体は確認されていません。一説には、黒の組織のNo.2 ラムの候補とされている黒田兵衛が赤井務武ではないかとも噂されており、彼の生存説もファンの間で囁かれています。

赤井務武のモデルは、実在の俳優

目深に被ったベレー帽から覗く鋭い眼光と、鼻の下と顎にあるひげが特徴である赤井務武。

そのモデルは、映画俳優及び監督としても知られるクリント・イーストウッドです。精悍さを感じさせるキャラクターがぴったりですね。

赤井務武の名シーン

現在、赤井務武が直接登場するシーンはありません。

ですが、赤井一家の台詞や表情がしばしば彼の姿を連想させており、読者に対して、赤井務武がどのような人物だったのかをうかがわせるような描写があります。

そんなシーンを紹介します。

息子にとっての尊敬の対象

父の消息不明をきっかけにFBIに入り、それ以来、捜査官としても狙撃手としても頭角を現している赤井秀一。そんな彼は、これまでに度々務武の面影を感じさせていました。

「好奇心という名の、熱病にな」
(原作98巻、 アニメ: 882話)

【名探偵コナン】赤井務武の生死はいかに?MI6に所属した男とその家族

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

FBIへの加入を志す息子の言葉に、務武の面影を見たメアリーは、「やはりあの人の息子」と秀一を呼び戻すことを諦め、彼の決意を後押しします。

「50:50(フィフティフィフティ)だ。君にも否はある」

(原作掲載予定: 104巻)

沖矢昴にかけられた言葉が、メアリーの口癖と同じであったことが気になった真純は、そのことを彼女に確認します。

メアリーは、その口癖は元々務武のものであり、長男である秀一にもそれが移っていたと言います。

【名探偵コナン】赤井務武の生死はいかに?MI6に所属した男とその家族

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

無意識に父の口癖を言葉にしてしまうほど、赤井秀一にとって務武の存在は、偉大であり、尊敬の対象になっていたことを伺わせます。

MI6諜報員としての誇り

メアリー・世良「行け秀一!その熱病でお前の命が尽きるまで、真実を覆い隠す霧を一掃しろ!その代わり靄一つ残したら許さんぞ!」

【名探偵コナン】赤井務武の生死はいかに?MI6に所属した男とその家族

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

父親代わりになると決めたメアリーはそれまでの女性らしい口調から一転、厳しい上官のような口調でFBI加入を志す秀一に檄を飛ばします。

その様子は、秀吉に「まるで父さんみたいだ」と驚かれるほどでした。務武が、MI6諜報員として精力的に仕事をしていたことを感じさせるシーンです。

赤井務武の生死は?気になる今後

【名探偵コナン】赤井務武の生死はいかに?MI6に所属した男とその家族

『名探偵コナン』(C)青山剛昌/小学館

ベルモットが、赤井務武は死んだと言及していますが、彼の遺体は発見されておらず、はっきりしたことは分かっていません。

赤井一家が再集結する鍵ともいえる赤井務武。彼が再び、生きて家族と再会する日が来るのか、原作の展開が待ち遠しいです。

コナンの映画が今だけ見放題!?

\ 今だけ期間限定!16作品が見放題!/

※無料期間内に解約すれば料金はかかりません