【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

【ドラゴンボール】で「ピッコロ」と呼ばれるキャラクターは2人存在します。いわゆる「ピッコロ大魔王」と「ピッコロ」に分かれますが、ピッコロと呼ばれるキャラクターは、作中でどのような活躍を見せてくれたのでしょうか。

また、ピッコロの担当声優はどなたなのかも気になるところです。今回はピッコロについて解説していきます。

ピッコロの担当声優や、作中での活躍等についても紹介していきます。

ピッコロの基本情報

【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

©バードスタジオ/集英社

 ピッコロの特徴

【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

©バードスタジオ/集英社

ピッコロはピッコロ大魔王の生まれ変わりであり、いわゆる「マジュニア」と呼ばれるキャラクターです。「ピッコロ」と呼ばれるキャラクターはピッコロ大魔王とピッコロの2人いますが、単純にピッコロと呼ぶ場合はこのマジュニアのことを指します。

ピッコロ大魔王が死ぬ寸前に吐き出した卵から誕生しており、実際の誕生年は孫悟飯と4つしか変わりません。

性格は非常に寡黙で、常識人。同じ行動を共にする孫悟空やベジータ等がリーダーには相応しくないキャラクターが多いので、リーダーの役割を務めることが多いタイプです。

また、孫悟空の息子である孫悟飯の師匠であり、孫悟飯が一人前の戦士になるように特訓させており、孫悟飯からの信頼も厚い人物です。

ピッコロの来歴

【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

©バードスタジオ/集英社

ピッコロはピッコロ大魔王が孫悟空と戦って破れた際に誕生。その後は孫悟空を倒すために第23回天下一武道会に登場。決勝戦で孫悟空と戦い、破れています。

サイヤ人襲来では孫悟空の兄ラディッツと対決することになります。当初は一人で戦っていましたが、孫悟空と共闘し、魔貫光殺砲で孫悟空ごとラディッツを倒すことに成功。その後は孫悟飯を無理やり修行をさせ、1年後にナッパと戦いますが、孫悟飯を庇って死亡してしまいます。この時点で神様も同時に死亡してしまっています。

ナメック星人編ではあの世にいましたが、ナメック星のドラゴンボールで復活し、ナメック星へとワープ。神様であったネイルと融合し、フリーザと互角に渡り合っています。その後はフリーザによって重症を追ってしまい、デンデによって回復しています。

人造人間編では孫悟空、孫悟飯と共に修行。ドクター・ゲロを倒していますが、神様と融合し、セルを一時期は圧倒。しかし、力を増したセルに勝てず、ついにはセルジュニアにも苦戦するようになってしまいます。

魔人ブウ編では格上の界王神・シンと対戦し、リタイア。その後は魔人ブウの復活を阻止しようとバビディの宇宙船に乗り込みますが、ダーブラによって石にされてしまいます。その後に石化が解けた後は、孫悟天とトランクスにフュージョンの指導を行っています。

ピッコロの担当声優

【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

©バードスタジオ/集英社

ピッコロの担当声優は、古川登志夫さん。古川さんは1970年代から声優をしていらっしゃる方で、特に同じ声優の古谷徹さんとはとても仲がよく、お互いの家を行き来するほどなのだそうです。

古川さんは様々な役柄をこなしており、主な代表作には「うる星やつら(諸星あたる役)」、「ワンピース(ポートガス・D・エース役)」、「機動戦士ガンダム(カイ・シデン役)」等様々。

ドラゴンボールではピッコロと同じ存在でもあるピッコロ大魔王の声も担当しています。

ピッコロの名シーンや名セリフ

【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

©バードスタジオ/集英社

ピッコロはピッコロ大魔王編以降のドラゴンボールではとても出番が多いので、名シーンや名セリフがいくつも存在しています。ここではピッコロの名シーンや名セリフを2つ紹介していきます。

孫悟飯との関係

【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

©バードスタジオ/集英社

ピッコロと聞くと、孫悟飯との関係が一番始めに浮かぶ方が多いでしょう。孫悟飯と年齢が4つしか変わらないにも関わらず、一人前の戦士に育て上げようとしています。

その修業はとても苛烈で、気弱で泣き虫だった孫悟飯を星に一人残しており、非常に厳しい修行を課していました。孫悟飯はそれだけ厳しい修行をさせられても、ピッコロのことを尊敬しており、「思ってたよりもいい人」と発言しています。

また、孫悟飯はピッコロが死亡した時に「僕はピッコロさんを生き返らせたいんだ」と語り、チチの反対を押し切ってナメック星へと向かおうとしています。

「貴様といれた数ヶ月、悪くなかったぜ」

【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

©バードスタジオ/集英社

ピッコロがナッパと戦った時の最期のセリフ。始めは自分の父を殺した人物の息子であることから、かなり厳しい目を持っていましたが、徐々に温情をかけるようになり、最期はナッパの攻撃を庇う形で死亡しています。

ピッコロも孫悟飯を通じて、成長した人物の一人であるということなのでしょう。

魔王の息子から地球を守る戦士へ成長したピッコロ

【ドラゴンボール】ピッコロの担当声優は誰?作中の活躍等も解説!

©バードスタジオ/集英社

ピッコロは元はピッコロ大魔王の息子ですから、始めは孫悟空といった面々を敵視していましたが、仲間を通じて地球を守る戦士へと成長を遂げました。

特に孫悟飯は師匠的な存在として君臨し、孫悟飯に大きな影響を及ぼしました。